歌舞伎座・国立劇場など8劇場24公演で実施、春の「都民半額観劇会」

 東京都と東京都歴史文化財団、日本演劇興行協会、都民劇場は、春の「都民半額観劇会」を開催する。対象の公演を入場券1枚につき、各劇場が指定する代金の半額に、取扱手数料500円を加えた額で観劇できる。都内8劇場24公演で実施。

趣味・娯楽 その他
東京都
  • 東京都
  • 春の「都民半額観劇会(第161回)」実施劇場・演目・公演日
 東京都と東京都歴史文化財団、日本演劇興行協会、都民劇場は、春の「都民半額観劇会」を開催する。対象の公演を入場券1枚につき、各劇場が指定する代金の半額に、取扱手数料500円を加えた額で観劇できる。都内8劇場24公演で実施。

 「都民半額観劇会」は、春(4月)・夏(7月)・都民の日記念/秋(10月)・冬(1月)の年4回開催されているイベント。第161回を迎える2019年度の春の「都民半額観劇会」では、各劇場が5月下旬から7月上旬に開催する公演のチケット合計8,560枚を提供予定。希望者は、対象の公演を入場券1枚につき、各劇場が指定する代金の半額に、取扱手数料500円を加えた額にて観劇することができる。

 実施劇場は、歌舞伎座・国立劇場・シアタークリエ・新橋演舞場・東京芸術劇場・日生劇場・三越劇場・明治座の8劇場。対象となる演目は、浅野ゆう子・一路真輝らが出演する「細雪」、松本幸四郎・市川猿之助・片岡愛之助らが出演する「六月大歌舞伎」、三宅裕司・高島礼子・橋本マナミらが出演する「東京喜劇 熱海五郎一座『翔べないスペースマンと危険なシナリオ~ギャグマゲドンmission~』」など12演目、各演目2公演の計24公演。

 開催日時や劇場、料金は演目によって異なり、東京都のWebサイトから確認できる。申込みは、必要事項を記入した通常はがきでのみ受付。締切りは2019年4月8日で、消印有効。申込み1件につき、入場券郵送料82円が別途必要となる。なお、応募枚数が各公演にて提供する予定枚数を超えた場合は抽選となる。

 当選者には4月17日頃、当選通知とゆうちょ銀行専用払込用紙を送付する。当選通知に記載された金額(申込人数分の座席料金および取扱手数料、郵送料を含む)を5月7日までにゆうちょ銀行窓口またはATMで送金すると、後日入場券が送られてくる。

◆春の「都民半額観劇会」(第161回)
実施劇場:歌舞伎座・国立劇場・シアタークリエ・新橋演舞場・東京芸術劇場・日生劇場・三越劇場・明治座
提供枚数:合計8,560枚
※応募枚数が各公演にて提供する予定枚数を超えた場合は抽選となる
申込方法:通常はがきに必要事項を記入のうえ送付する
申込締切:2019年4月8日(月)消印有効
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)