【中学受験2020】青山学院横浜英和、面接せず学科のみで選考

 青山学院横浜英和中学高等学校は、2020年度中学入試より、一般入試で面接を実施せず、選考は学科試験のみとする。生徒募集要項は7月以降に発表予定。なお、帰国生入試は従来通り学科試験と面接で選考を行う。

教育・受験 小学生
青山学院横浜英和中学高等学校
  • 青山学院横浜英和中学高等学校
 青山学院横浜英和中学高等学校は、2020年度中学入試より、一般入試で面接を実施せず、選考は学科試験のみとする。生徒募集要項は7月以降に発表予定。なお、帰国生入試は従来通り学科試験と面接で選考を行う。

 横浜英和女学院を前身とする青山学院横浜英和は、2018年4月に男女共学制に移行し、青山学院大学の系属校となった。クラス編成は、2018年度の1年生より1クラス増の5クラス編成。2018年度中学入試からは、「2科4科出願時選択」から「すべて4科目」に変更した。

 2020年度中学入試より、一般入試で面接を実施せず、選考は学科試験のみとする。2019年度の学科試験では、帰国生選抜を除くすべての日程で4科目(国語・算数・社会・理科)の試験を実施した。なお、帰国生入試は従来通り学科試験と面接で選考を行う。

 2016年度以降の入学者については、青山学院大学への進学を希望する場合、大学が定める進学条件を満たす生徒は全員、推薦される。この推薦は、高校3年間の学業成績と学力試験、そのほか人物などを総合的に判断して行われる。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)