医大志望の娘&元バンドマンの父を描く映画「ハーツ・ビート・ラウド」6/7公開

 2018年のサンダンス映画祭、サウス・バイ・サウスウエストで話題となった元バンドマンの父と、LAの医大を目指す娘の物語『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』の予告編と日本版ビジュアルが解禁となった。

趣味・娯楽 保護者
『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』 (C) 2018 Hearts Beat Loud LLC
  • 『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』 (C) 2018 Hearts Beat Loud LLC
  • 『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』 (C) 2018 Hearts Beat Loud LLC
  • 『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』 (C) 2018 Hearts Beat Loud LLC
  • 『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』 (C) 2018 Hearts Beat Loud LLC
  • 『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』 (C) 2018 Hearts Beat Loud LLC
  • 『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』 (C) 2018 Hearts Beat Loud LLC
  • 『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』 (C) 2018 Hearts Beat Loud LLC
2018年のサンダンス映画祭、サウス・バイ・サウスウエストで話題となった元バンドマンの父と、LAの医大を目指す娘の物語『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』の予告編と日本版ビジュアルが解禁となった。



本作の主演はメジャー大作『フラッシュポイント』(原題:Flashpoint)の出演が決まっているカーシー・クレモンズ、父親役には『SING/シング』で声の出演もしているニック・オファーマン。また、トニ・コレットやブライス・ダナーといった豪華俳優陣が脇を固めている。


今回解禁となった予告映像では、元バンドマンの父・フランクとLAの医大を目指す娘・サムの押し問答の様子が映し出されている。

「大学へは行かずパパとバンドをやれってこと?」と問うサムに「大学行くのを一年延ばせないかな?」と返すフランクだが、ハッキリと「私は医者になるの」と言い返されてしまう。夏は終わりに近づき、決断を迫られた2人が出した答えは…? 映像の後半では、軽快なリズムに乗ったクレモンズの伸びやかな歌声を聴くことができる。


予告映像と同時にキービジュアルと場面写真も解禁。キービジュアルでは、フランクとサムが父娘仲睦まじくセッションする様子を映し出すビジュアルに、「大切なものを手放して前へ進もう」というキャッチコピーが配置されている。


身体を動かしたくなるようなリズムが耳に残る極上のサウンドトラックと、ブルックリンの街並みを背景に夢に向かって走り出す娘と、その背中を押す父との心温まるハートフルな物語。観る人を“幸せな気分”にさせる本作を是非劇場でチェックしてみて。


『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』は6月7日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほかにて公開。

医大志望の娘&元バンドマンの父を描くハートフルな物語『ハーツ・ビート・ラウド』予告

《text:cinemacafe.net》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)