小中学生対象「子ども作文コンクール」6/25まで作品募集…テーマは「先生」

 こども教育支援財団は2019年6月25日まで、全国の小中学生を対象に第1回「子ども作文コンクール」の作品を募集している。テーマは「わたしの先生、ぼくの先生」。応募は、郵送またはメールにて受け付けている。

教育イベント 小学生
 こども教育支援財団は2019年6月25日まで、全国の小中学生を対象に第1回「子ども作文コンクール」の作品を募集している。テーマは「わたしの先生、ぼくの先生」。応募は、郵送またはメールにて受け付けている。

 「子ども作文コンクール」は、全国の小中学生を対象に開催。第1回となる今回のテーマは「わたしの先生、ぼくの先生」。学校の先生や塾の先生、習い事の先生、クラブの先生など、自身の心に1番残っている「先生」への素直な気持ちを、800字程度(400字詰め原稿用紙2枚程度)の作文で表現する。

 作品は、「小学生低学年(1年生から3年生)の部」「小学生高学年(4年生から6年生)の部」「中学生の部」の3つの部に分けて審査され、最優秀賞(理事長賞)と学研賞が各部門より1点ずつ、入選が各部門より数点ずつ選ばれる。海外からの応募作品には、海外賞が贈られる。さらに、応募者全員に参加記念品が進呈される。

 表彰式は11月17日に、村田女子高等学校(東京都文京区)にて開催。表彰状授与式では、受賞者による作文朗読の時間を設け、審査委員から直接講評を聞くことができる。終了後は家族や学校の先生も含め全員で記念撮影を行う。

 応募作品は、こども教育支援財団Webサイトに掲載の募集要項をよく読んだうえで、郵送またはメールにて提出すること。応募点数は1人につき1点まで。締切りは6月25日。

◆第1回「子ども作文コンクール」
対象:全国の小中学生
締切:2019年6月25日(火)
応募方法:郵送またはメールにて応募する
※応募点数は1人につき1点まで
※個人単位、学校(団体)単位、いずれでも応募可能

<表彰式>
日程:2019年11月17日(日)
会場:村田女子高等学校(東京都文京区本駒込2-29-1)
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)