【大学受験2021】関西学院、理系4学部を新設

 関西学院大学は2019年6月4日、神戸三田キャンパスの再編構想について発表した。2021年4月に理学部と工学部、生命環境学部、建築学部を新設し、総合政策学部を加えた5学部体制とする予定。

教育・受験 高校生
神戸三田キャンパスの再編構想
  • 神戸三田キャンパスの再編構想
  • 神戸三田キャンパスの再編構想
  • 神戸三田キャンパスの再編構想
  • 神戸三田キャンパスの再編構想
  • 神戸三田キャンパス再編による入学定員の変化
 関西学院大学は2019年6月4日、神戸三田キャンパスの再編構想について発表した。2021年4月に理学部と工学部、生命環境学部、建築学部を新設し、総合政策学部を加えた5学部体制とする予定。

 今回の再編は、関西学院が創立150周年の2039年を見据えた将来構想「Kwansei Grand Challenge 2039」を2018年に策定し、その長期戦略の中で掲げた「理系の強化・充実」を受けたもの。神戸三田キャンパス(KSC)の新たなキャンパスコンセプトは“Be a Borderless Innovator.”学生と教職員が国境、文系理系、学問分野、大学と社会などさまざまな境界を飛び越える“Borderless Innovator”として活躍するキャンパスを目指す。

 神戸三田キャンパスは、1995年の開設から四半世紀の節目に、理学部と工学部、生命環境学部、建築学部の理系4学部を新設。現在の理工学部と総合政策学部の2学部体制から、総合政策学部と新設4学部を合わせた5学部体制に再編する。再編計画は現在設置構想中で、2020年4月に文部科学省へ設置届出を予定している。

 再編に伴い、入学定員も変わる。2021年度の入学定員は、理学部180人、工学部265人、生命環境学部228人、建築学部132人、総合政策学部495人、5学部合計1,300人となる。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)