【大学受験】電子参考書が読み放題「ポルト」月額980円

 スタディプラスは2019年9月17日、大学受験生向け電子参考書の定額読み放題サービス「ポルト」開始した。月額980円(税別)。教育系出版社12社が参画し約30冊の参考書を提供、2020年度夏には提供冊数を100冊に拡大予定。

教育・受験 高校生
ポルト
  • ポルト
  • 教育系出版社12社が参画
  • 約30冊の参考書を提供
 スタディプラスは2019年9月17日、大学受験生向け電子参考書の定額読み放題サービス「ポルト」開始した。月額980円(税別)。教育系出版社12社が参画し約30冊の参考書を提供、2020年度夏には提供冊数を100冊に拡大予定。

 内閣府が実施した「2018年度 青少年のインターネット利用環境実態調査」によると、高校生の97.5%がスマートフォンを保有している。また、2019年4月には、学習用デジタル教科書を制度化する法令が施行され、2019年6月には東京都教育委員会が都立高校へのスマホ持ち込みを容認することを決めるなど、行政や教育現場でも教育ICT化が進んでいる。

 大学受験生向け電子参考書の定額読み放題サービス「ポルト」は、大学受験の主要科目である5教科・17科目の参考書が利用できる。アプリはiOSとAndroidに対応。9月17日時点で出版社12社による参考書約30冊を提供する。また、参考書ごとに進捗率や正答率がわかる学習データが把握できるため、反復学習しやすいのが特徴。さらに、英語の参考書の多くは、ネイティブな発音による読み上げ機能がある。

 今後は、2020年夏までに、現在の約3倍となる累計100冊の参考書を提供予定。また、「ポルト」を授業や自宅学習で利用する学習用デジタル補助教材として提供し、2020年度には約100校への導入を目標としている。

◆ポルト
提供開始日:2019年9月17日(火)
対応OS:iOS、Android
利用料金:月額980円(税別)
提携出版社(五十音順):
アルク、旺文社、学研プラス、KADOKAWA、講談社、新興出版社啓林館、スタディカンパニー、世界思想社教学社、Z会ソリューションズ、第一学習社、東京書籍、山川出版社
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)