【台風19号】漢検、会場変更や受検票再発行

 日本漢字能力検定協会は2019年10月16日、台風19号の影響により、10月20日に実施予定の日本漢字能力検定の一部会場を変更するほか、受検票を紛失した場合の手続き方法などをWebサイトで公開した。

教育・受験 高校生
日本漢字能力検定
  • 日本漢字能力検定
  • 受検票見本
 日本漢字能力検定協会は2019年10月16日、台風19号の影響により、10月20日に実施予定の日本漢字能力検定の一部会場を変更するほか、受検票を紛失した場合の手続き方法などをWebサイトで公開した。

 会場が変更になるのは、2019年度第2回実施の日本漢字能力検定(10月20日・公開会場)。栃木県小山地区の白鴎大学大行寺キャンパスから白鴎大学本キャンパス東館の4階(栃木県小山市駅東通り2-2-2)に変更する。すでに、変更前の会場を記載した受検票(はがき)を発送済みのため、追って変更後の会場情報を記載した書面(封書)を送る。

 検定日と開始時間に変更はないが、先に届いた受検票(はがき)は破棄せず、検定当日に持参すること。また、被災したため受検できない場合は、電話か問い合わせフォームに連絡をしてほしいという。検定日以降の連絡でも構わない。

 2019年度第2回の受検票は10月8日に普通郵便で発送済みだが、10月17日になっても届かない場合は協会本部に問い合わせること。また、受検票を紛失した場合は、検定当日に会場で再発行の手続きを取ること。本人確認のため身分証明書が必要となる。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)