開放的なM型アーチ…銀座線渋谷の新駅舎、2020年1月移設

東京地下鉄(東京メトロ)は10月28日、2020年1月3日始発から供用を開始する銀座線渋谷駅(東京都渋谷区)移設新駅舎の概要を明らかにした。

生活・健康 その他
ホームのイメージ。柱がないM型状のアーチで構成され、ホーム幅は1面2線となる関係で、現在の倍となる約12mに拡幅される。2020年度内にはホームドアや地上までのエレベーター、一般トイレが整備されるという。
  • ホームのイメージ。柱がないM型状のアーチで構成され、ホーム幅は1面2線となる関係で、現在の倍となる約12mに拡幅される。2020年度内にはホームドアや地上までのエレベーター、一般トイレが整備されるという。
  • 明治通り上空に設置される新駅舎
  • 明治通り側出入口
  • 明治通り側コンコース
  • 移設直後の乗換え動線と施設配置の概略。
  • 移設前後の構内比較。黄色い現線路に沿う形で新ホームの設置が始まり、現線路撤去後にそこを埋める形で赤い部分の新ホームが完成する。
  • 事前工事を含む7日間の工事プロセス。
  • 事前工事を含む7日間の工事プロセス。
東京地下鉄(東京メトロ)は10月28日、2020年1月3日始発から供用を開始する銀座線渋谷駅(東京都渋谷区)移設新駅舎の概要を明らかにした。

同駅では渋谷駅街区基盤整備に合わせて、2009年から渋谷ヒカリエがある表参道方向へおよそ130mの地点にある明治通りの上空に移設する工事が進められていたが、いよいよ年跨ぎで行なわれる3回目の線路切換え工事で最終局面を迎える。

3回目の線路切換え工事は12月27日から2020年1月3日未明にかけて実施されるが、この工事は事前工事を含め、前半3日間、後半3日間に分けて行なわれる。

事前工事では、現在の線路に沿う形で新ホームの一部を設置。その両端には新しい軌道を設置する。その後の前半3日間では中心にある現在の線路を撤去し、構内の新線路を本線につなげる。後半の3日間では旧線路部分を埋める形で島式ホームが仕上げられ、信号・電気設備の設置なども合わせて行なわれる。

このため、前後半6日間の工事にかかる12月28日から2020年1月2日にかけては、銀座線渋谷~表参道間と青山一丁目~溜池山王間が終日運休。表参道~青山一丁目間と溜池山王~浅草間での折返し運行となる。

また、明治通りでは12月27日22時から2020年1月2日24時まで車線規制を実施。神宮通りでは12月27日から2020年1月2日までの各日22~6時の間、バスレーンと車線が規制される。ただし、いずれも12月31日夜間は実施されない。

新駅舎は渋谷のメインエリアに位置することから「変化し続ける渋谷の近未来的な要素を取り入れつつ、地上から見上げた時に駅舎の圧迫感を感じさせない外観」とし、駅舎内は柱がないM型のアーチ構造を採用。かつ、色調を白で統一し開放的で明るい空間を演出する。

乗換え動線も変わり、副都心線や東京急行電鉄(東急)東横線との乗換えでは、明治通り方面改札から渋谷ヒカリエ内のエレベーターまたはエスカレーターを利用。半蔵門線、東急田園都市線、JR線、京王電鉄(京王)井の頭線との乗換えでは、渋谷スクランブルスクエア方面改札から乗換え通路、または現在の降車ホームを通ることになる。

渋谷駅新駅舎の供用により銀座線では2020年1月3日に一部列車の時刻を変更するダイヤ改正が実施されるが、詳細については後日発表される。

なお、東京メトロでは諸事情により1月4日未明まで切換え工事が行なわれる可能性があるとしており、その場合、新駅舎の供用開始とダイヤ改正は1月4日始発からとなる。

明るく開放的なM型アーチの駅舎…2020年1月3日に移設、リニューアルされる銀座線渋谷駅

《佐藤正樹(キハユニ工房)@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)