小学生が選ぶ「こどもの本総選挙」1/15まで投票受付

 「小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙」の投票が2019年11月1日より始まった。郵送またはWebサイトで2020年1月15日まで受け付ける。抽選で賞品が当たるほか、素敵な感想を書いた小学生の中から「こどもプレゼンター」が選ばれる。

教育・受験 小学生
 「小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙」の投票が2019年11月1日より始まった。郵送またはWebサイトで2020年1月15日まで受け付ける。抽選で賞品が当たるほか、素敵な感想を書いた小学生の中から「こどもプレゼンター」が選ばれる。

 子どもたちに面白い本と出会える機会を作り、本をもっと身近に感じてもらいたいという思いから、ポプラ社の創立70周年事業として始まった「こどもの本総選挙」。第1回は2017年11月1日に投票受付を開始し、12万8,055票が集まったという。

 公平で開かれた運営を継続していくため、「NPO法人こどもの本総選挙事務局」を設立。2019年4月から、児童書を刊行する出版社から集まった有志により運営されている。

 第2回「小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙」は、投票用紙または投票ページに「一番好きな本」のタイトルとISBN、「選んだ本の好きなところ」など必要事項を記入または入力のうえ、「こどもの本総選挙事務局」宛てに郵送、またはパソコン・スマートフォンから投票する。投票期間は、11月1日から2020年1月15日(当日消印有効)。

 学校・図書館向けに団体投票もある。参加校・参加団体は、「結果発表 小冊子」「結果発表ポスター」「協力感謝状」(希望団体のみ)が贈呈される。参加登録は11月29日まで受け付ける。

 賞品は、「最強のグッズBOX」が50名、こども書店員や出版社の1日社長・1日編集長の体験ができる「最強の体験」が20名に当たる。また、素敵な感想を書いた小学生の中から「こどもプレゼンター」が10名選ばれる。こどもプレゼンターは、2020年5月5日に開催予定の「こどもの本総選挙」結果発表イベントで上位入選作品を表彰するプレゼンターを務める。

◆第2回「小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙」
【個人向け】
投票資格:2019年11月1日時点で、小学生であること
投票方法:投票用紙または公式サイト上の投票ページに所定の事項を記入または入力のうえ、「こどもの本総選挙事務局」宛てに郵送、またはパソコン・スマートフォンから投票する。
投票締切:2020年1月15日(水)締切日当日消印有効
投票結果発表:2020年5月5日(火・祝)
賞品・当選者数:
A.「最強のグッズBOX」プレゼントコース(50名)
B.「最強の体験」プレゼントコース(20名)
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)