統計数理研究所「子ども見学デー2019」12/1

 統計数理研究所は、立川市からの後援を得て参加型イベント「子ども見学デー2019」を2019年12月1日に開催する。最強アプリによるじゃんけんゲームなど、統計科学を生かしたイベントが用意されている。参加予約は不要で、参加費は無料。

教育イベント 小学生
 統計数理研究所は、立川市からの後援を得て参加型イベント「子ども見学デー2019」を2019年12月1日に開催する。最強アプリによるじゃんけんゲームなど、統計科学を生かしたイベントが用意されている。参加予約は不要で、参加費は無料。

 同研究所は、「確率に関する数理及びその応用の研究を掌り、並びにその研究の連絡、統一及び促進を図る」ことを目的とし1944年6月に設置された。社会集団の特性を記述することから始まった研究は、現在では科学的仮説の構築・検証や予測など、合理的な推論を実現するための、データの有効利用を研究する学問として、あらゆる学問分野にわたる基礎研究や応用研究においてその重要性が認識されている。

 同イベントは「統計科学で世界がもっと楽しくなる!」と題し、統計科学を使った最強じゃんけんアプリで「じゃんけんゲーム」に挑戦するほか、ビービー弾10万個のうち白玉と黒玉がそれぞれ何個あるかを当てる「白玉黒玉数当て実験」など普段の遊びを違う角度から切り取る参加型イベントとなっている。

 また、同研究所のマスコットキャラクターのトースター&スタッツによる「統計で世界の謎を解け!」「統計数理研究所の紹介」動画も上映される。さらにはデータサイエンス共同利用基盤施設も出展し、江戸時代の珍しい卵料理のレシピ集なども紹介されるという。

◆子ども見学デー2019
日時:2019年12月1日(日)10:30~15:00
場所:統計数理研究所 1階交流アトリウム南側(東京都立川市緑町10-3)
事前予約:不要
参加費:不要
《田邊良恵》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)