【中学受験2020】和歌山県立中の出願状況…桐蔭3.75倍

 和歌山県教育委員会は、2020年度県立中学校入学者募集実施状況を公表した。出願を1月9日で締切り、1月14日正午現在の桐蔭中学校の出願倍率は3.75倍。入学者選考は1月25日に実施される。

教育・受験 小学生
 和歌山県教育委員会は、2020年度県立中学校入学者募集実施状況を公表した。出願を1月9日で締切り、1月14日正午現在の桐蔭中学校の出願倍率は3.75倍。入学者選考は1月25日に実施される。

 和歌山県の県立中学校は5校。入学志願者の出願状況をみると、倍率がもっとも高くなったのは桐蔭中学校。募集定員80人に対し、出願者が300人、出願倍率が3.75倍となった。向陽中学校は、募集定員80人に対し出願者が293人、出願倍率が3.66倍。

 そのほか、古佐田丘中学校は募集定員40人に対し出願者が93人、出願倍率が2.33倍。田辺中学校は募集定員80人に対し出願者が130人、出願倍率が1.63倍。日高高等学校附属中学校は募集定員40人に対し出願者が50人、出願倍率が1.25倍となっている。

 適性検査・作文を行う入学者選考は1月25日、面接は26日に実施する。選考結果は、2月1日に本人あてに郵送する。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)