【高校受験2020】山梨県公立高入試、後期募集では3,865人を募集

 山梨県教育委員会は2020年2月7日、2020年度(令和2年度)山梨県公立高等学校前期募集入学内定者数および後期募集の募集人員を発表した。前期募集は募集人員1,711人に対して1,747人が受検し、1,525人が合格者に内定した。後期募集では3,865人を募集する。

教育・受験 中学生
2020年度山梨県公立高等学校前期募集「総括表」
  • 2020年度山梨県公立高等学校前期募集「総括表」
  • 2020年度山梨県公立高等学校前期募集入学内定者数および後期募集の募集人員
  • 2020年度山梨県公立高等学校前期募集入学内定者数および後期募集の募集人員
  • 2020年度山梨県公立高等学校前期募集入学内定者数および後期募集の募集人員「前期募集で普通科を志願し、普通科の入学内定となった者のコースへの指定状況」
 山梨県教育委員会は2020年2月7日、2020年度(令和2年度)山梨県公立高等学校前期募集入学内定者数および後期募集の募集人員を発表した。前期募集は募集人員1,711人に対して1,747人が受検し、1,525人が合格者に内定した。後期募集では3,865人を募集する。

 2020年度山梨県公立高等学校前期募集は1月30日・31日に検査を実施し、2月7日に内定者を発表した。前期募集は募集人員1,711人に対して1,747人が受検し、1,525人が合格者に内定した。実質倍率は1.15倍。募集定員総数5,390人に占める内定者数の割合は28.3%だった。

 実質倍率がもっとも高かったのは吉田(理数)1.83倍。ついで、甲府南(理数)1.75倍、韮崎(普通)1.52倍、韮崎工業(工業・一括)1.38倍など。そのほか、甲府南(普通)1.25倍、甲府第一(探究)1.29倍、甲府第一(普通)1.33倍、甲府東(普通)1.25倍、吉田(普通)1.25倍、甲府西(普通)1.15倍、韮崎(文理)1.22倍などであった。

 後期募集では3,865人を募集する。学校・学科ごとの募集人員は、甲府南(理数)28人、甲府南(普通)180人、甲府第一(探究)53人、甲府第一(普通)162人、甲府東(普通)216人、吉田(理数)34人、吉田(普通)160人、甲府西(普通)154人、韮崎(文理)21人、韮崎(普通)140人など。

 後期募集の出願は2月18日から20日まで、志願変更を2月21日・25日・26日に受け付ける。検査を3月4日に実施し、合格発表は3月12日に行われる予定。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)