【大学受験2020】国公立大、志願者数1位は千葉大…倍率1位は?

 文部科学省が2020年2月20日に発表した国公立大学一般入試の確定志願状況によると、志願者数がもっとも多いのは「千葉大学」1万212人、志願倍率がもっとも高いのは「山陽小野田市立山口東京理科大学」13.83倍であることが明らかになった。

教育・受験 高校生
2020年度 国公立大学一般入試 志願者数(上位20大学)
  • 2020年度 国公立大学一般入試 志願者数(上位20大学)
  • 2020年度 国公立大学一般入試 志願倍率(上位20大学)
  • 2020年度国公立大学入学者選抜確定志願状況
 文部科学省が2020年2月20日に発表した国公立大学一般入試の確定志願状況によると、志願者数がもっとも多いのは「千葉大学」1万212人、志願倍率がもっとも高いのは「山陽小野田市立山口東京理科大学」13.83倍であることが明らかになった。

 2020年度国公立大学の入学者選抜(分離・分割方式による一般入試)2次試験の確定志願状況と倍率について、国公立(前期・後期・中期)合計は171大学592学部の募集人員10万146人に対し、志願者数が43万9,565人で、志願倍率が4.4倍。なお、国際教養大学と新潟県立大学は、独自日程による試験実施のため、志願状況に含まない。

 大学別に見ていくと、志願者数は「千葉大学」が1万212人ともっとも多く、「北海道大学」9,752人、「神戸大学」9,315人、「東京大学」9,259人、「大阪府立大学」8,089人が続いた。上位5大学の中で大阪府立大学以外の4大学は募集人員が2,000人以上だった。

 一方、志願倍率は「山陽小野田市立山口東京理科大学」が13.83倍ともっとも多く、ついで「公立諏訪東京理科大学」13.80倍、「下関市立大学」12.46倍、「釧路公立大学」11.32倍、「奈良県立大学」11.30倍。上位11大学はすべて公立大学が占めた。国立大学で志願倍率が高いのは、「旭川医科大学」8.22倍、「東京芸術大学」7.87倍、「電気通信大学」6.76倍など。上位18大学は1,000人以下の募集人員に、7.21倍~13.83倍の志願者が集まっている。

 志願者数と志願倍率の上位20大学は次のとおり。

◆2020年度 国公立大学一般入試 志願者数(上位20大学)
千葉大学 10,212人
北海道大学 9,752人
神戸大学 9,315人
東京大学 9,259人
大阪府立大学 8,089人
東京都立大学 7,885人
京都大学 7,699人
横浜国立大学 7,581人
大阪大学 7,462人
富山大学 7,312人
九州大学 7,241人
広島大学 6,616人
静岡大学 6,580人
信州大学 6,383人
高崎経済大学 6,228人
新潟大学 5,974人
埼玉大学 5,841人
筑波大学 5,806人
兵庫県立大学 5,800人
東北大学 5,738人

◆2020年度 国公立大学一般入試 志願倍率(上位20大学)
山陽小野田市立山口東京理科大学 13.83倍
公立諏訪東京理科大学 13.80倍
下関市立大学 12.46倍
釧路公立大学 11.32倍
奈良県立大学 11.30倍
島根県立大学 11.22倍
岐阜薬科大学 10.40倍
奈良県立医科大学 10.18倍
高崎経済大学 9.16倍
岡山県立大学 9.13倍
都留文科大学 8.91倍
旭川医科大学 8.22倍
三重県立看護大学 8.12倍
尾道市立大学 7.96倍
東京芸術大学 7.87倍
福井県立大学 7.80倍
大分県立看護科学大学 7.78倍
新見公立大学 7.21倍
大阪府立大学 6.94倍
秋田県立大学 6.77倍
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)