【高校野球2020春】センバツ、無観客で開催へ…3/11可否判断

 日本高等学校野球連盟と毎日新聞社は、2020年3月19日から開催予定の第92回選抜高校野球大会について、無観客試合を前提に準備を進めることを発表した。3月11日の臨時運営委員会で改めて無観客での開催が可能か協議するという。

趣味・娯楽 その他
日本高等学校野球連盟
  • 日本高等学校野球連盟
  • 第92回選抜高等学校野球大会出場校(32校)
 日本高等学校野球連盟と毎日新聞社は、2020年3月19日から開催予定の第92回選抜高校野球大会について、無観客試合を前提に準備を進めることを発表した。3月11日の臨時運営委員会で改めて無観客での開催が可能か協議するという。

 第92回選抜高校野球大会は、3月19日から3月31日までの13日間(雨天順延。準々決勝翌日と準決勝翌日の休養日2日含む)、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開催される。出場校は、一般選考28校と21世紀枠3校、神宮大会枠1校の計32校。

 新型コロナウイルス感染者が各地で確認されている。全国で9割以上の小中高校が臨時休校となり、全国各地でイベントやスポーツ大会の中止が相次いでいる。第92回選抜高校野球大会の開催について、大会運営委員会は、感染症の専門家の意見なども聴いて、議論を重ねてきた。その結果、すべての出場校の意向も踏まえたうえで、無観客試合を前提に準備を進めることを決定した。選抜高校野球大会は、1924年の開始以来、太平洋戦争による中断はあったものの、無観客での開催は初めてだという。

 今後の情勢を注意深く見守り、3月11日の臨時運営委員会で改めて無観客での開催が可能か協議する。その後も選手たちの安全を最優先に考え、必要に応じて随時、判断していくとしている。

 無観客で開催した場合、スタンドでの出場校の応援などは中止する。出場校から派遣する選手らの人数制限、開会式の中止、組合せ抽選会の代理抽選、検温の徹底やマスクの配布、宿舎や移動時の感染防止対策など、大会に関わるすべての人の健康を最優先に考え、さまざまな対策を実施する。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)