ロールスロイス、子ども向けデザインコンペ…受付を6/1まで延長

ロールスロイスモーターカーズ(Rolls-Royce Motor Cars)は5月14日、16歳までの意欲的なデザイナーに、将来の夢のロールスロイスを設計してもらう「ヤングデザイナーコンペティション」の作品受付を、6月1日まで延長すると発表した。

趣味・娯楽 中学生
ロールスロイスの「ヤングデザイナーコンペティション」の作品見本と作品をデザインレンダリング化したイラスト
  • ロールスロイスの「ヤングデザイナーコンペティション」の作品見本と作品をデザインレンダリング化したイラスト
ロールスロイスモーターカーズ(Rolls-Royce Motor Cars)は5月14日、16歳までの意欲的なデザイナーに、将来の夢のロールスロイスを設計してもらう「ヤングデザイナーコンペティション」の作品受付を、6月1日まで延長すると発表した。

今回のコンペティションは、世界的な新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大の中、学校に行けない子ども達に楽しんでもらう機会を提供するのが狙いだ。未来のデザイナーに、自宅に居ながらにして、想像力と創造性を自由に発揮してもらうことを目指す。

ヤングデザイナーコンペティションはもともと、英国グッドウッドのロールスロイス本社で開催される従業員の家族の日のお祝いイベントにおいて、毎年行われているものだ。創造的な子ども達だけでなく、子ども達を誇りに思う両親や祖父母を喜ばせている。

ヤングデザイナーコンペティションでは、ロールスロイスのデザイン部門が、すべての作品を審査し、優秀者を決定する。最優秀者には、作品をデザインレンダリング化したイラストを進呈する。さらに副賞として、英国在住者には、新型コロナウイルス収束後の最初の登校日に、運転手付きのロールスロイス『ファントム』で、学校に送迎してもらうことができる。

コンテストはすでに、世界70か国以上の2000人を超える子どもから、作品が集まった。そこで、ロールスロイスは、ヤングデザイナーコンペティションのエントリーを6月1日まで延長し、さらに多くの作品の応募を受け付けることにした。

さらに、英国在住者には新たな副賞として、通学している学校にグリーンパワー電気自動車キットが贈られる。これにより、毎年開催されるグリーンパワーチャレンジに参加できる、としている。

ロールスロイス、子ども向けデザインコンペのエントリーを延長…すでに2000作品の応募

《森脇稔@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)