【v教育ICT Expo】不確実な社会における大学での創造性教育(専門家セミナー)

 教育ICTの専門家による映像セミナー。玉川大学工学部の小酒井正和氏による「不確実な社会における大学での創造性教育」。

教育ICT 先生
【v教育ICT Expo】不確実な社会における大学での創造性教育(専門家セミナー)
  • 【v教育ICT Expo】不確実な社会における大学での創造性教育(専門家セミナー)
 withコロナ/afterコロナにおいて、子どもたちの学びを止めないための利活用に期待が高まる教育ICT。「バーチャル教育ICT Expo」では、子どもたちを、そして教育現場を支援する選りすぐりのサービス、プロダクトを紹介していくとともに、教育ICTの専門家による映像セミナーを実施する。

 今回は、玉川大学工学部の小酒井正和氏による「不確実な社会における大学での創造性教育」をお届けする。


講演概要



 不確実な社会において活躍できる人材を育成するために、小中高のうちから子どもたちに創造性を重視したSTEAM教育を経験させることが注目されています。では、産業社会へ直結している大学における創造性教育はどのようなものなのでしょうか。専門分野だけに止まらず、広い分野のことを学ぶと同時に、デザイン思考を身に付けるといった創造性教育の事例について紹介します。

小酒井正和氏 プロフィール



 玉川大学工学部マネジメントサイエンス学科准教授。先端知能・ロボット研究センター(AIBot研究センター)研究員。博士(経営学)。専門は管理会計、ITマネジメント。1998年から青山学院大学でeラーニング授業開発プロジェクトに参加し、ビジネス演習コースの教材やITシステムの開発を担当。現在では、iPhoneやiPadを使った学生とのインタラクティブな授業、反転授業を実践。
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)