【大学受験】公立大協会「ファクトブック2019」設置状況など掲載

 公立大学協会は2020年6月10日、Webサイトに「公立大学ファクトブック2019」を掲載。公立大学の設置状況や組織などに関する情報について、データをもとに図表で紹介している。

教育・受験 高校生
大学一覧
  • 大学一覧
  • 法人数の推移
  • 法人化した公立大学数の推移
  • 各公立大学の学部数
  • 学生数・教員数・職員数の推移
  • 科研費の応募件数および採択件数の推移
 公立大学協会は2020年6月10日、Webサイトに「公立大学ファクトブック2019」を掲載。公立大学の設置状況や組織などに関する情報について、データをもとに図表で紹介している。

 公立大学ファクトブック2019では、公立大学一覧、設置状況、財政、組織、学生、研究についてまとめている。公立大学の設置状況は、2019年度(令和元年度)の公立大学数は93校。前年度から1校増加している。設置者別でみると、都道府県立58大学、市立28大学、事務組合立等4大学、府県・市共同立3大学となっている。また、2019年度の公立大学法人数は76で、近年では、学校法人から公立大学法人への設置者変更により、私立大学が公立大学に転換するケースもみられる。

 2019年度は75の公立大学法人(短期大学のみを設置する1法人を除く)によって、82の公立大学が設置されており、これは公立大学全体の88.2%を占める。公立大学法人制度では、1法人が複数の大学および高等専門学校を設置することができる。複数の大学および高等専門学校を設置する公立大学法人は、群馬県公立大学法人の群馬県立女子大学、群馬県立県民健康科学大学。公立大学法人首都大学東京(現東京都公立大学法人)の首都大学東京(現東京都立大学)、東京都立産業技術大学院大学、東京都立産業技術高等専門学校など7法人。

 学部数をみると、各公立大学は半数弱が単科大学で、地域の強い要請によって特定分野の人材育成を目的として設置された比較的小規模の大学が多い。2学部設置の大学は22大学あり全体の23.7%、3学部設置の大学は10大学で全体の10.8%。学部の系統別設置傾向をみると、もっとも多い系統は、看護・保健医療・福祉関連系統の学部で、全199学部の4分の1を超える53学部が設置されている。

 また、博士課程を設置している大学は63大学(67.7%)、修士課程のみを設置している大学は19大学(20.4%)、専門職学位課程のみを設置している大学が2大学(2.2%)あり、合計84大学(90.3%)に大学院が設置されている。

 2019年度の公立大学の学生数は15万8,176人、教員数は1万4,083人、職員数は6,083人。前年度と比較すると、学生数は2,656人(1.7%)の増、教員数は243人(1.8%)の増、職員数は186人(3.2%)の増となった。教員1人あたり学生数は11.2人であり、9.5人の国立大学とほぼ同水準、19.6人の私立大学に比較しておよそ2倍の人員となっている。

 2019年度の公立大学全体の経常費予算額(附属病院に係るものを除く人件費予算額と物件費予算額の合計)の規模は3,134億円であり、前年度に比べ82億円(2.7%)の増となっている。学生1人あたりの経常費予算額は、おおよそ190万円前後で推移しているが近年は増加傾向にある。

 そのほか、文部科学省科学研究費助成事業における公立大学の応募および採択件数は、いずれも増加が続いており、採択率はおよそ50%で推移している。2019年度の採択率を設置形態別に比較すると、国立大学が55.4%、公立大学が50.2%、私立大学が47.3%、そのほか(短期大学、高等専門学校他)が49.8%となっており、公立大学は、国立大学につぐ採択率となっている。

 公立大学ファクトブック2019は、公立大学協会のWebサイトで閲覧できる。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)