新型コロナ接触確認アプリ、陽性者からの通知可能に

 厚生労働省は2020年7月3日、接触確認アプリ「COCOA」において、新型コロナウイルス感染症の陽性者から通知を受けることができる機能を提供開始。アプリ利用者は、修正版をアップデートして利用すること。

デジタル生活 その他
新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」
  • 新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」
  • 厚生労働省
 厚生労働省は2020年7月3日、接触確認アプリ「COCOA」において、新型コロナウイルス感染症の陽性者から通知を受けることができる機能を提供開始。アプリ利用者は、修正版をアップデートして利用すること。

 アプリ利用者が陽性者となった場合、本人が同意してアプリの登録画面で陽性者の登録をすると、過去14日間に接触の可能性があった者が通知を受けることができる。登録は新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム(HER-SYS)から陽性者本人に発行する処理番号を入力してもらう仕組みになっている。

 厚生労働省は、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」について、6月30日にiOS版、7月1日にAndroid版の修正版を配布している。アプリで陽性者の登録をする際には、処理番号を入力する前に、修正版によるアプリのアップデートを行うこと。

 なお、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」のダウンロード数は7月2日午後5時時点で、iOS版とAndroid版の合計約499万件にのぼる。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)