【夏休み2020】展示・WS「古代オリエントをたのしむ!子どもミュージアム」

 古代オリエント博物館は2020年7月18日~9月22日の期間、古代オリエント世界の魅力をわかりやすく紹介する夏の特別展「古代オリエントをたのしむ!子どもミュージアム」を開催する。子ども向けのわかりやすい展示のほか、ワークショップや体験ブースも設ける。

教育イベント 小学生
古代オリエントをたのしむ!子どもミュージアム
  • 古代オリエントをたのしむ!子どもミュージアム
  • 展示室
  • 「ヒエログリフのひみつ」体験風景
 サンシャインシティにある古代オリエント博物館は2020年7月18日~9月22日の期間、古代オリエント世界の魅力をわかりやすく紹介する夏の特別展「古代オリエントをたのしむ!子どもミュージアム」を開催する。子ども向けのわかりやすい展示のほか、ワークショップや体験ブースも設ける。

 「古代オリエントをたのしむ!子どもミュージアム」は、古代オリエント博物館のコレクション展をもとに、古代オリエントの歴史・文化を子どもが楽しく学べるよう工夫を凝らした特別展。通常のコレクション展の解説パネルでは少し難しい内容を子ども向けにアレンジし、わかりやすく工夫した「子ども解説パネル」を展示するほか、イラストをふんだんに使った地図や古代オリエントの有名人を漫画で紹介するパネルも展示する。

 また、ヒエログリフ(聖刻文字)、古代の土器、遺跡模型など古代オリエント博物館研究員の専門研究分野を生かした子ども向けワークショップを全4回実施。子どもが自分たちのオリジナル展示会を作ることができる「展示会をつくろう」シールキット全5種の週替わり・数量限定無料配布も行い、子どもたちが展示品を見るだけでなく、自分で考え、体験することができる機会も提供する。

 さらに、大人も興味をもって観覧できるよう、「神話」をテーマとしたミニ特集コーナーを設置。古代メソポタミアの創世神話「エヌマ・エリシュ」に関する大人向け講演会を実施するなど、子どもから大人まであらゆる世代に楽しんでもらう工夫を施した展覧会となっている。

 ワークショップは事前申込制。子ども向けは7月15日より、大人向けは8月15日より受付を開始する。

◆古代オリエントをたのしむ!子どもミュージアム
会期:2020年7月18日(土)~9月22日(火・祝)
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
会場:古代オリエント博物館(東京都豊島区東池袋3-1-4 サンシャインシティ文化会館7階)
入館料:一般600円、大学・高校生500円、中・小学生200円
※土日は小・中・高校生無料、20名以上の団体割引・障がい者割引あり
※新型コロナウイルス感染症の状況に応じて、イベント・講演会の開催中止、開館時間短縮の可能性あり

◆子どものオリ博体験教室シリーズ
会場:サンシャインシティ 会議室
時間:13:30~15:30(2時間程度)
対象:小学生、中学生
定員:各回20名(同伴保護者込)
参加費:500円(入館料込)
申込開始:2020年7月15日(水)より受付開始
申込方法:メールまたははがきで申し込む
講師:古代オリエント博物館研究員、教育普及員
講座:
(1)「ガラスのマーブル模様のひみつ」
日程:2020年8月9日(日)
内容:古代のガラスのマーブル(大理石)模様をマーブリング材で再現
(2)「古墳模型のひみつ」
日程:2020年8月16日(日)
内容:さまざまな「古墳」について学びながら、古代オリエント博物館の模型材料を使って小さな立体模型を制作
(3)「ヒエログリフのひみつ」
日程:2020年8月23日(日)
内容:ヒエログリフ(聖刻文字)の仕組みについてカードを使って学ぶ
(4)「彩文土器のひみつ」
日程:2020年8月30日(日)
内容:本物の古代の彩文土器のかけらを観察して、彩文土器のデザインを施したオリジナル「彩文どきんちゃく」を制作

◆オリ博講演会「エヌマ・エリシュ」
日時:2020年9月21日(月・祝)13:30~15:00
会場:サンシャインシティ 会議室
対象:一般
定員:40名
参加費:無料
申込開始:2020年8月15日(土)より受付開始
申込方法:メールまたははがきで申し込む
講師:月本昭男氏(古代オリエント博物館館長)
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)