小中高校生対象「夏休みRubyプログラミング講座」8月

 まちづくり三鷹は2020年8月、小中高校生を対象に、「Ruby」を使って、プログラミングを体験する「夏休みRubyプログラミング講座」を三鷹産業プラザで開催する。定員は各コース10名程度。申込先着順。

教育ICT 小学生
夏休みRubyプログラミング講座
  • 夏休みRubyプログラミング講座
  • まちづくり三鷹
 まちづくり三鷹は2020年8月、小中高校生を対象に、「Ruby」を使って、プログラミングを体験する「夏休みRubyプログラミング講座」を三鷹産業プラザで開催する。定員は各コース10名程度。申込先着順。

 「夏休みRubyプログラミング講座」は、プログラミング言語「Ruby(ルビー)」を使って、プログラミングを体験する講座。「Ruby」は初心者にもわかりやすく学習しやすいうえに、将来働いた時にも使えるという。

 講座ではコンピューターの仕組みを知り、プログラミングをすることにより論理的に物事を組み立てる思考方法も学ぶことができる。コースは小学生コースと中高生コース、Webアプリケーション制作コース、マイクロビットプログラミングコースの4つを用意している。

 小学生コースは、2日間短期集中コースと4日間コースを用意しており、計8時間。簡単なプログラムを作りながら、動かして仕組みを知り、プログラミングの楽しさを体験できる。対象はおもに小学5年生から6年生。参加費は教材費込みで6,600円。

 中高生コースは、計16時間でプログラムの仕組みや基本動作を学ぶ中で、プログラミングの楽しさを理解できる4日間の講座。講座終了時には簡単なプログラミングが自作できるレベルを目標としている。対象はおもに中学1年生から高校3年生。参加費は教材費込みで6,600円。

 Webアプリケーション制作コースは、計8時間でRuby On Rails(ルビーオンレイルズ)を使用したWebアプリケーションの制作や、Webアプリケーションの仕組みを理解し、環境構築して公開する方法などを学ぶことができる2日間の講座。対象はおもに中学1年生から高校3年生。参加費は教材費込みで6,600円。

 マイクロビットプログラミングコースは、計8時間でmicro:bitの基礎や機能を学び、オリジナルのプログラムを制作する2日間の講座。対象はおもに小学5年生から6年生。講座で使用するマイクロビットは講座終了後持ち帰ることができる。参加費は教材費込みで8,800円。

 申込みは、Webサイトまたはメール、FAXにて受け付けている。定員は各コース10名程度。先着順。

◆夏休みRubyプログラミング講座
会場:三鷹産業プラザ(東京都三鷹市下連雀3-38-4)
対象:小中高校生
申込方法:Webサイトまたはメール、FAXにて申し込む
【小学生コース】
日時:
<2日間短期集中コース>2020年8月1日(土)~8月2日(日)13:00~17:00
<4日間コース>2020年8月3日(月)~8月6日(木)10:00~12:00
対象:おもに小学5年生~小学6年生(プログラムの初心者から対象)
参加費:6,600円(教材費込)
【中高生コース】
日時:
<4日間コース(1)>2020年8月3日(月)~8月6日(木)13:30~17:30
<4日間コース(2)>2020年8月11日(火)~8月14日(金)13:30~17:30
※(1)と(2)の内容は一緒
対象:おもに中学1年生~高校3年生(プログラムの初心者から対象)
参加費:6,600円(教材費込)
【Webアプリケーション制作コース】
日時:2020年8月19日(水)~8月20日(木)13:00~17:00
対象:おもに中学1年生~高校3年生(プログラミング経験者を対象)
参加費:6,600円(教材費込)
【マイクロビットプログラミングコース】
日時:2020年8月17日(月)~8月18日(火)の全2回13:00~17:00
対象:おもに小学5年生~小学6年生(プログラムの初心者から対象)
参加費:8,800円(教材費込)
《鈴木あさり》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)