幼稚園の約4割「再開後に分散登園」首都圏で高い割合

 新型コロナウイルス感染拡大により休園していた幼稚園や認定こども園の約4割が幼稚園再開後に分散登園を実施していることが、文部科学省が2020年9月7日に開催した検討会で明らかになった。

教育・受験 未就学児
 新型コロナウイルス感染拡大により休園していた幼稚園や認定こども園の約4割が幼稚園再開後に分散登園を実施していることが、文部科学省が2020年9月7日に開催した検討会で明らかになった。特に感染人数の多い首都圏で分散登園の実施率が高く、今後も継続実施の園もあるという。

 幼児教育の実践の質向上に関する検討会(第10回)が開催され、幼稚園等再開後の活動に関するアンケート結果が公表された。アンケートは全国国公立幼稚園・こども園長会および全日本私立幼稚園連合会を通じて、幼稚園などの再開後の活動状況について調査し、国公私立の幼稚園と幼保連携型認定こども園の計940園から回答を得た。アンケート実施期間は2020年7月6日~7月22日。

リシードで全文を読む
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)