【大学受験2021】共通テスト利用入試の検定料免除、千葉工業大

 千葉工業大学は2020年10月14日、受験生の進学支援策として、2021年度(令和3年度)入試に限り、大学入学共通テスト利用入学試験(前期・中期・後期)の検定料を免除すると発表した。今回の措置により、通常1万5,000円の検定料が無料になる。

教育・受験 高校生
大学入学共通テスト利用入学試験の検定料
  • 大学入学共通テスト利用入学試験の検定料
  • 大学入学共通テスト利用入学試験の詳細(前期)
  • 大学入学共通テスト利用入学試験の詳細(中期)
  • 大学入学共通テスト利用入学試験の詳細(後期)
 千葉工業大学は2020年10月14日、受験生の進学支援策として、2021年度(令和3年度)入試に限り、大学入学共通テスト利用入学試験(前期・中期・後期)の検定料を免除すると発表した。今回の措置により、通常1万5,000円の検定料が無料になる。

 新型コロナウイルス感染症の影響で経済情勢の悪化が続き、大学進学に関わる家庭の経済的負担が大きくなっていることを受けた特例措置。受験生の進学支援策として、2021年度入試に限り、大学入学共通テスト利用入学試験の検定料を免除する。

 千葉工業大学では、大学入学共通テストは居住地域で受験できるため、共通テストのみで合否判定する大学入学共通テスト利用入学試験を受験すれば、受験のために長距離を移動せずにすみ、新型コロナウイルス感染リスクを軽減することが可能。交通費や宿泊費など、受験に伴う出費も大幅に削減でき、受験の選択の幅を大きく広げることができるとしている。

 千葉工業大学の大学入学共通テスト利用入学試験には、前期・中期・後期があり、従来の検定料はいずれも1万5,000円。前期は高得点教科採用型(タイプI)と数学・理科加重配点型(タイプII)、中期は2教科方式(タイプI)と4教科方式(タイプII)があり、いずれかのタイプを選択して出願することも、両方を出願することもできる。ただし、併願する場合の併願受験料5,000円は、免除の対象外となる。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)