「鬼滅の刃」最終23巻、追加描き下ろし&おまけ25Pも収録

2020年5月に「週刊少年ジャンプ」での連載が完結した『鬼滅の刃』最終23巻が12月4日に発売。23巻は、初版395万部(同日発売の同梱版含む)を発行。1~23巻のコミックス累計発行部数は、1億2,000万部(電子版含む)を突破する。

趣味・娯楽 その他
2020年5月に「週刊少年ジャンプ」での連載が完結した『鬼滅の刃』最終23巻が12月4日に発売。23巻は、初版395万部(同日発売の同梱版含む)を発行。1~23巻のコミックス累計発行部数は、1億2,000万部(電子版含む)を突破する。

『鬼滅の刃』は、吾峠呼世晴が「週刊少年ジャンプ」2016年11号~2020年24号まで連載していた和風血風剣戟譚。2019年4月にTVアニメ全26話が放送され、現在は続編となる『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が公開中だ。

『鬼滅の刃 外伝』460円(税抜)(C)吾峠呼世晴/集英社

『鬼滅の刃』最終23巻発売日である12月4日には、吾峠呼世晴監修のもと、平野稜二の手によって描かれた『鬼滅の刃 外伝』も発売。冨岡義勇、胡蝶しのぶが登場する「冨岡義勇 外伝」と、煉獄杏寿郎、甘露寺蜜璃が登場する「煉獄杏寿郎 外伝」の2本が収録されており、本作は「週刊少年ジャンプ」のスピンオフ作品では、史上初となる初版100万部で発行される。

また、同作初の画集「『鬼滅の刃』吾峠呼世晴画集-幾星霜-」と、ファンブック第2弾となる『鬼滅の刃 公式ファンブック第二弾 鬼殺隊最終見聞録(仮)』が、2021年2月4日に発売されることが23巻の帯にて発表となった。

『鬼滅の刃』23巻は、2020年12月4日に発売。価格は、460円(税抜)、フィギュア4体と特製付属パーツ6点がついた23巻同梱版は、5,200円(税抜)だ。同日に『鬼滅の刃 外伝』も発売される。価格は460円(税抜)だ。

(C)吾峠呼世晴/集英社

「鬼滅の刃」最終23巻、初版395万部に! 原作者・吾峠呼世晴が物語の結末に追加描き下ろし&おまけ25Pも収録

《酒井靖菜》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)