【高校受験2021】北海道公立高校、面接・実技・作文実施予定一覧

 北海道教育委員会は2020年12月4日、2021年度(令和3年度)「公立高校一般入学者選抜における面接・実技・作文の実施予定一覧表」および「公立高校推薦入学者選抜における面接以外に実施する項目の実施予定一覧表」を公開した。

教育・受験 中学生
 北海道教育委員会は2020年12月4日、2021年度(令和3年度)「公立高校一般入学者選抜における面接・実技・作文の実施予定一覧表」および「公立高校推薦入学者選抜における面接以外に実施する項目の実施予定一覧表」を公開した。一般および推薦入試において学力検査以外に実施する項目がある学校を確認できる。

 一般入試において全員を対象に面接を実施するのは、石狩学区が札幌国際情報や札幌稲雲など23校、上川学区が旭川工業など15校、胆振学区が苫小牧工業など13校。そのほか、実技を実施するのは恵庭南(体育)のみで、運動能力・技能テストを行う。作文を実施する高校はなし。

 推薦入試で英語の聞き取りテストを実施するのは、市立函館(普通)、鹿追(普通)の2校。英語による問答を実施するのは、滝川(理数)や札幌国際情報(国際文化)、千歳(国際教養)など10校。実技を課すのは恵庭南(体育)のみ。そのほか、30校以上が作文を実施、多くの学校が自己アピール文の提出を課す。

 2021年度入試日程は、推薦入試の面接が2021年2月10日、一般入試の学力検査が3月3日、合格発表が3月16日。3月17日には追検査が行われる。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)