国立高専生対象ワークショップ「科学技術で2050年の世界を変える!」12/19

 徳山工業高等専門学校とオプンラボは2020年12月19日、全国51校ある国立高専の学生を対象に、「科学技術で2050年の世界を変える!」をオンライン開催する。2050年の未来で実現したい技術や事柄を想像し、その「ニュース」を作るワークショップを行う。

教育・受験 高校生
 徳山工業高等専門学校とオプンラボは2020年12月19日、全国51校ある国立高専の学生を対象に、「科学技術で2050年の世界を変える!」をオンライン開催する。2050年の未来で実現したい技術や事柄を想像し、その「ニュース」を作るワークショップを行う。

 高専在校生が社会の中心的な担い手となる30年後は、デジタルトランスフォーメーションが進み、人々の生活はあらゆる面で変化していく。学校で学んだ知識だけでは変化に対応できない時代が来ることから、アカデミアやビジネスの最先端にいる「変人(各分野で活躍するエッジの立った大人、変化し続ける人)」との対話をヒントに「2050年」の世界を一緒に妄想することで、高専生が今、何を身に付けるべきかを考え、行動するきっかけを作る。

 ワークショップは3部構成。1部のパネルディスカッション「2050年の未来を考える」ではメインファシリテーターにイグノーベル賞に詳しいサイエンスコミュニケーターの古澤輝由氏、パネリストとして科学技術振興機構(JST)やJAXAの若手研究員を迎える。第2部のワークショップ「『未来ニュース』を作ろう」では、ビジネスの最前線で活躍する「変人」をファシリテーターにワークショップを展開する。第3部のプレゼンテーション・フィードバックでは、報道番組形式で未来ニュースを発表、「変人」からのフィードバック&メッセージを行う。

 対象は全国の高専生で、定員は50人。高専教職員はオブザーバーとして視聴のみ可能。参加費は無料。申込みは、QRコードを読み込み申し込む。申込締切は12月14日。開催はZoomを利用して行う。

 オプンラボは、セミナー企画・運営などを通じて培った、専門性をもつエッジの立った大人との豊富なネットワークを活用し、「変人」と若い世代をつなげる「近未来ハイスクール」の企画・運営をしている。徳山工業高等専門学校は、1974年(昭和49年)に設立され、機械電気工学科、情報電子工学科、土木建築工学科の3つの学科で構成される。

◆近未来KOSEN「科学技術で2050年の世界を変える!」
日時:2020年12月19日(土)13:30~17:30
場所:Zoomを利用する
対象:全国の高専生
定員:50人
参加費:無料
申込方法:QRコードを読み込み申し込む
申込締切:2020年12月14日(月)
《田中志実》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top