資源について考える「高校生グローバルスクール」3/20-21

 東京外国語大学、東京農工大学、電気通信大学による文理協働型グローバル人材育成プログラムとして、「高校生グローバルスクール」が2021年3月20日と21日にオンラインにて開催される。参加資格は高校1年生と2年生、および中等教育学校4年生と5年生。

教育・受験 高校生
高校生グローバルスクール
  • 高校生グローバルスクール
  • 東京外国語大学・東京農工大学・電気通信大学による文理協働型グローバル人材育成プログラム
 東京外国語大学、東京農工大学、電気通信大学による文理協働型グローバル人材育成プログラムとして、「高校生グローバルスクール」が2021年3月20日と21日にオンラインにて開催される。参加資格は高校1年生と2年生、および中等教育学校4年生と5年生。

 現代のグローバル社会が抱えるさまざまな課題の解決には、文系や理系といった学問の枠組みを越えた発想が必要だと考え、西東京に所在する3つの国立大学(東京外国語大学、東京農工大学、電気通信大学)は、それぞれの大学の専門分野の教育だけでなく、文系・理系という垣根を越えた「協働」を学ぶ実践型のグローバル人材育成プログラムを実施している。

 2020年度春季「高校生グローバルスクール」は、「資源について考える」をテーマとして開催。「資源」は、化石燃料や水などだけではなく、生物の遺伝子や集められた情報など、私たちの生活や産業に利用できる「もの」すべてを指すこととし、文系、理系問わずさまざまな志をもった仲間と、グローバル社会が抱える問題の解決策を考える。

 「高校生グローバルスクール」は2021年3月20日と21日にオンラインにて実施。必ず2日間の参加が必要。参加希望者は、2020年12月7日より2021年1月28日までの間にWebエントリーし、2021年1月19日から2月2日までに課題作文や参加申込確認書などの応募書類を提出する。応募者多数の場合は、課題作文およびエントリー時に記入する志望動機により選抜。選考結果は2021年2月25日に通知される。

◆高校生グローバルスクール
日時:2021年3月20日(土・祝)・21日(日)※2日間の参加が必要
開催方法:オンライン
参加資格:高等学校1年生・2年生および中等教育学校4年生・5年生
参加費:無料
募集人数:45名
エントリー期間:2020年12月7日(月)~2021年1月28日(木)※エントリー後応募書類提出
エントリー方法:Webサイトより行う
《森井ゆか》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top