【大学受験2021】信州大、緊急事態宣言延長の場合「共通テスト」で選抜

 信州大学は2021年1月21日、緊急事態宣言の期間が延長された場合の一般選抜においての選考方法について公表。延長された場合、経法学部(前期日程)と人文学部(前期・後期日程)は、大学入学共通テストの得点のみで選抜を行う。

教育・受験 高校生
2021年度 信州大学経法学部一般選抜(前期日程)の選考方法について
  • 2021年度 信州大学経法学部一般選抜(前期日程)の選考方法について
  • 2021年度 信州大学人文学部一般選抜(前期・後期日程)の選考方法について
  • 信州大学
 信州大学は2021年1月21日、緊急事態宣言の期間が延長された場合の一般選抜においての選考方法について公表。延長された場合、経法学部(前期日程)と人文学部(前期・後期日程)は、大学入学共通テストの得点のみで選抜を行う。

 新型コロナウイルス感染症による政府の緊急事態宣言が11都府県に発令される中、政府の緊急事態宣言の期間が延長または2月8日以降もいずれかの都道府県に対して緊急事態宣言が発せられている場合、受験生の健康と安全を第一に考え選抜方法を変更する。

 変更するのは、経法学部(応用経済学科・総合法律学科)。変更前の選考方法は、大学入学共通テストの配点900点、個別試験(松本試験場および東京試験場)200点、調査書50点の合計1,150点で選抜。変更後は大学入学共通テストの配点(900点)のみで選抜する。

 さらに、人文学部についても選考方法を変更。前期日程において変更前は、大学入学共通テスト500点、個別試験(松本試験場および東京試験場)400点、調査書50点の合計950点の配点を、大学入学共通テストの配点(500点)のみとする。後期日程は、変更前の大学入学共通テスト400点、個別試験(松本試験場)200点、調査書50点の合計650点を、変更後は大学入学共通テストの配点(400点)のみとする。

 選考方法の変更は、緊急事態宣言の延長が経法学部(応用経済学科・総合法律学科)の個別試験実施日の2月25日、人文学部の個別試験日の2月25日および3月12日を含むか否かに関わらない。さらに、2月8日以降を対象として緊急事態宣言が発せられた場合、どこの都道府県かにも関わらない。

 なお、政府の緊急事態宣言がすべての都道府県において、2月7日あるいはそれ以前に解除された場合は、募集要項で公表している選考方法を予定している。ただし、その後の感染拡大状況によっては選考方法を変更する場合があるので、大学のWebサイトを随時確認のこと。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top