【高校受験2021】滋賀県公立高入試<国語>講評…やや易化

 2021年3月9日(火)、2021年度(令和3年度)滋賀県公立高等学校入学者選抜が実施されたリセマムは、京進の協力を得て、学力検査「国語」の講評を速報する。このほかの教科(全5教科)についても同様に掲載する。

教育・受験 中学生
【高校受験2021】滋賀県公立高入試<国語>講評
  • 【高校受験2021】滋賀県公立高入試<国語>講評
 2021年3月9日(火)、2021年度(令和3年度)滋賀県公立高等学校入学者選抜が実施された。2021年3月5日に発表された全日制課程の出願者数は、学力検査定員6,004人に対し6,602人が志願し、確定志願倍率は1.10倍。学校別の志願倍率は、膳所1.63倍、石山(普通)1.31倍など。

 リセマムは、京進の協力を得て、学力検査「国語」の講評を速報する。このほかの教科(全5教科)についても同様に掲載する。

滋賀県公立高入試<国語>講評
(京進 提供)



大問一 説明文「読むと書く 見えない『おもい』をめぐって」若松英輔 〔やや易〕
    資料 「日本語を味わう名詩入門16 茨木のり子」萩原昌好  
大問二 説明文「絵本の冒険『絵』と『ことば』で楽しむ」小野明 〔標準〕
大問三 漢字、文法、俳句 〔やや易〕

 大問3題構成で、大問一、二は文章と資料、大問三は漢字、文法等の知識事項と構成に変化はなかった。作文や字数制限のない記述問題、文章と資料からの読み取りなどの出題も例年通りであったが、昨年、作文とは別で出題された条件つきの記述問題はなくなった。昨年は書く量・読む量ともに増加していたが、書く量は一昨年までの量に戻った。読む量は昨年と同様にやや多かった。また、大問一は、例年理科的な内容の文章だったが、今年は言葉をテーマとした文章が出題された。様々なテーマの文章を、時間を意識して解く練習が重要である。大問三は古典の出題ではなく、俳句に関する知識が問われた。季語とその季節を問う問題はやや難しかったが、漢字、文法の知識事項は基本的な内容の出題であった。学校で学習する内容は、基本的なレベルでよいので、幅広く知識を定着させておきたい。

---
 このレポートは2021年3月9日(火)に、速報として京進により作成されたもの。

 京進は関西・愛知を中心に全国で学習塾、個別指導教室を展開している。最新の脳科学に基づくオリジナル学習法であるリーチングメソッドは、自ら学ぶ力を育む学習法として高い効果を上げている。

協力:京進
《編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top