【高校受験2021】新潟県公立高2次募集、全日制44校で822人募集

 新潟県教育庁は2021年3月16日、令和3年度(2021年度)新潟県公立高等学校入学者選抜における欠員補充のための2次募集実施学校・学科と募集人数を発表した。全日制44校49学科で822人募集する。

教育・受験 中学生
欠員補充のための2次募集実施学校・学科および募集人数
  • 欠員補充のための2次募集実施学校・学科および募集人数
  • 欠員補充のための2次募集実施学校・学科および募集人数一覧
  • 欠員補充のための2次募集における感染症等に係る受検生の取扱い
 新潟県教育庁は2021年3月16日、令和3年度(2021年度)新潟県公立高等学校入学者選抜における欠員補充のための2次募集実施学校・学科と募集人数を発表した。全日制44校49学科で822人募集する。

 新潟県公立高校一般選抜は、学力検査を3月4日、学校独自検査を3月5日(定時制は3月4日)、合格発表を3月12日に実施。欠員補充のための2次募集は、1人でも欠員が生じたすべての学校・学科で実施する。

 全日制は本校42校と分校2校の計44校49学科で822人募集。定時制は独立校7校と分校1校、併置校1校の計9校11学科で218人募集する。

 全日制における各学校の募集人数は、巻(普通)5人、柏崎(普通)14人など。募集人数が30人以上の学校・学科は、阿賀野(普通)79人、村松(普通)44人、六日町(普通)39人、国際情報(国際文化)38人、国際情報(情報科学)35人、豊栄(普通)33人、高田(安塚/普通)30人。

 欠員補充のための2次募集は今後、3月18日から19日正午まで出願を受け付け、3月22日に学力検査・面接などを行う。合格者の発表は3月23日。

 なお、新型コロナウイルス感染症に罹患または濃厚接触者に特定されたことなどにより、2次募集を受検できなかった者を対象とする別日程の検査日は設けない。ただし、規定の条件を満たす志願者については、出願書類により選抜し、この合格者の発表は3月25日に行う。
《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top