同志社大、高校生「志」コンテスト作品募集5/31まで

 同志社大学は、高校生の決意や思いを文章にした作品を募集する「第8回高校生『志』コンテスト」を開催している。作品の応募締切は5月31日(当日消印有効)。受賞者は8月開催予定のオープンキャンパスにあわせて1泊2日のキャンパス体験ツアーに招待する。

教育・受験 高校生
 同志社大学は、将来の夢やキャリアについて高校生の決意や思いを文章にした作品を募集する「第8回高校生『志』コンテスト」を開催している。作品の応募締切は5月31日(当日消印有効)。受賞者は8月開催予定のオープンキャンパスにあわせて1泊2日のキャンパス体験ツアーに招待する。

 高校生「志」コンテストは、同志社創立者である新島襄やその妻・新島八重の志に共感する高校生を対象に、将来の夢や希望の実現に向けて、これからのキャリア等について自分自身の決意や思いを文章にした作品を募集し、表彰するコンテスト。

 自由と人権を求め、21歳で幕末の日本から密出国し渡米。「キリスト教主義教育を日本でも」という熱い志から同志社大学の前身・同志社英学校を設立した新島襄。会津藩に生まれ、戊辰戦争では男装して戦いに参加。不屈の会津魂とキリスト教精神を糧に、常に向上心と自分の信念を貫く志をもち社会貢献の道を歩んだ新島八重。「社会の課題の解決に向け自分は何ができるのか」「夢に向かってどのように行動すべきか」等、高校生ならではの視点と、新島襄・八重のように強く熱い「志」に満ちあふれた作品を募集している。

 応募作品の中から、「新島賞」「八重賞」「読売新聞社賞」を各1点、「優秀賞」を2点、計5点の作品を選び表彰する。受賞者には賞状と図書カードが贈られる他、8月開催予定の今出川校地オープンキャンパスにあわせて、1泊2日の同志社大学キャンパス体験ツアーに招待する。

 作品は指定の400字詰め応募用紙3枚程度でまとめること。作品と応募シートをあわせて郵送またはメールで受け付ける。応募締切は5月31日(当日消印有効)。受賞作品は6月下旬に同志社大学Webサイト内で発表・紹介される。

◆同志社大学「第8回高校生『志』コンテスト」
応募資格:締切日時点(2021年5月31日)で高等学校に在学中の高校生
応募テーマ:
(1)新島襄と私の「志」
(2)新島八重と私の「志」
応募規定:作品は指定のA4判400字詰め横書き応募用紙3枚程度にまとめた未発表の自作に限る。手書き、パソコンいずれも可
応募方法:応募シート、作品の2点を郵送またはメールで応募する
応募締切:2021年5月31日(月)当日消印有効
※応募先はWebサイトで確認できる
賞発表:2021年6月下旬、同志社大学Webサイトにて発表
授賞式:2021年8月(予定)
※同志社大学オープンキャンパス2021(今出川校地)と同日に実施。新型コロナウイルス感染症の影響により、変更・中止となる場合もある
《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top