埼玉工大、自動運転バス走行実績2970kmを実現

埼玉工業大学は5月24日、「自動運転技術開発センター」の2020年度における自動運転バスの研究・開発で合計約2970kmに及ぶ自動走行を実現したと発表した。

教育・受験 高校生
埼玉工大の自動運転バス
  • 埼玉工大の自動運転バス
  • 埼玉工大の自動運転バス
埼玉工業大学は5月24日、「自動運転技術開発センター」の2020年度における自動運転バスの研究・開発で合計約2970kmに及ぶ自動走行を実現したと発表した。

前年の652kmの約4倍となる2970kmの走行距離は、 東京・大阪間を3往復した距離に相当し、国内の大学で開発する自動運転バスとしてトップクラスの走行実績となる。

埼工大は2020年4月から2021年3月末までの1年間、 地元・深谷市の公道走行をはじめ、SIP第2期「自動運転システムとサービスの拡張」、 塩尻MaaSなどの自動運転の実証実験に参画した。

深谷観光バスとの協力で、NHK大河ドラマ「青天を衝け」の主人公ゆかりの地を巡る「渋沢栄一 論語の里 循環バス」として、昨年度に開発したマイクロバスを、業務用「緑」ナンバーを取得、路線バスとして営業運行も行なっている。

埼玉工大、自動運転バス走行実績2970km 2020年度

《レスポンス編集部@レスポンス》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

特集

page top