「答えのない道徳の問題どう解く?」Twitterアカウント開設

 ポプラ社から刊行された「答えのない道徳の問題 どう解く?」のTwitterアカウントが開設された。「どう解く?」にまつわるコラボレーション企画や、2021年11月刊行予定の「どう解く?」第2巻と、2022年3月刊行予定の「どう解く?」思考本の制作のようす等を発信する。

教育・受験 小学生
「答えのない道徳の問題 どう解く?」
  • 「答えのない道徳の問題 どう解く?」
  • 「答えのない道徳の問題 どう解く?」
  • 「答えのない道徳の問題 どう解く?」
  • 「答えのない道徳の問題 どう解く?」
  • 「答えのない道徳の問題 どう解く?」
  • 「答えのない道徳の問題 どう解く?」
  • 「答えのない道徳の問題 どう解く?」
 ポプラ社から刊行された「答えのない道徳の問題 どう解く?」のTwitterアカウントが開設された。「どう解く?」にまつわるコラボレーション企画や、2021年11月刊行予定の「どう解く?」第2巻と、2022年3月刊行予定の「どう解く?」思考本の制作のようす等を発信する。

 「答えのない道徳の問題 どう解く?」は、いじめ、戦争等、正解のない普遍的な問題を、簡単な絵と言葉の組み合わせで、子供たちにも分かりやすく「問いかけ」ている。子供や大人の意見を集めた「考えるためのヒント」と組み合わせて読むことで、子供の本音を引き出す。親子で、家族で、友達同士で考えて、議論する道徳の本。巻末の書き込み式ワークシートを使えば、対話の記録を残すことができる。

 「どうしてお母さんはボクの嫌いな勉強をおしつけてくるんだろう?」「『将来何になりたいの?』ってどうして大人には聞かないないのだろう?」「ついていい嘘と、ついちゃいけない嘘ってどう違うんだろう?」等、どう考えてどう答えたらよいのか、子供から大人までみんなで考える本。

 「考えるためのヒント」では、池上彰氏、水谷隼選手、羽生善治氏、谷川俊太郎氏、ミッツ・マングローブ、能町みね子氏等、著名人が考えた意見を掲載。

 「どう解く?」特設サイトでは、問いかけに自分なりの解答例を投稿でき、「みんなの解答例」としてオープンに対話ができる。現在、「べんきょう、どう解く?」(著名人解答例は羽生善治氏)と「うそ、どう解く?」(著名人解答例は谷川俊太郎氏)の問いかけを公開中。その問いかけに自分なりの解答例をツイッターや専用フォームで投稿できる。なお、子供の意見は保護者が書き込む。また、自分が疑問に思った新しい問いも提案できる。それらを「みんなの解答例」として共有し「どう解く?」のテーマについてオープンに対話ができる。巻末ワークシートもダウンロードできる。

 日本マクドナルドは、「どう解く?」と協力し、子供たちの自由な発想や思考力を育むことをサポートするマクドナルドのプロジェクト「みんなで!どう解く?」を実施している。

 「みんなで!どう解く?」プロジェクトは、伊沢拓司氏が率いる東大発の知識集団QuizKnockがアンバサダーとなり、「答えのない道徳の問題」について、オンラインワークショップを2021年2月に開催した。プロジェクトの特設サイトでは、「てんき、どう解く?」「すき、どう解く?」「かちまけ、どう解く?」等、毎月の問いに、スペシャル解答者と共に挑戦している。「みんなで!どう解く?放送局」の動画等も見られる。

 「みんなで!どう解く?」プロジェクトで、全国の子供たちから集めた「みんなの答え」は、2021年12月に『みんなで!どう解く?by マクドナルド』という本にまとめ、「ほんのハッピーセット」として子供たちに届ける予定。また、「みんなで!どう解く?」のワークショップを含むプロジェクトの成果は学校等の教育現場に向けたエデュケーションツールとして提供する。

 自由研究キットをダウンロードして作品を応募すると、QuizKnockからコメントがきたり、「みんなで!どう解く?」の問いに採用される可能性がある。さらに採用作品にはマックカード(2,000円分)が進呈される。締切りは2021年9月12日まで。

◆マクドナルドのプロジェクト「みんなで!どう解く?」
自由研究キットの応募締切:2021年9月12日(日)

◆書籍「答えのない道徳の問題 どう解く?」
【問いかけ一覧&参加著名人】※表記は掲載順(敬称略)
■「たべもの」について…平松洋子(エッセイスト)
■「うそ」について…谷川俊太郎(詩人)
■「びょうどう」について…那須 正幹(児童文学作家)
■「ゆめ」について…水谷隼(卓球選手)
■「せいぎ」について…増田ユリヤ(ジャーナリスト)
■「いのち」について…坂東元(旭山動物園園長・獣医師)
■「かぞく」について…汐見稔幸(教育学者)
■「せんそう」について…池上彰(ジャーナリスト)
■「べんきょう」について…羽生善治(棋士)
■「らしさ」について…ミッツ・マングローブ(歌手・タレント)
■「いじめ」について…大野更紗(作家・社会学者)
■「すき」について…能町みね子(エッセイスト・イラストレーター)
■「ともだち」について…尾木直樹(教育評論家)

【作者】文:やまざきひろし/絵:きむらよう/絵:にさわだいらはるひと
【発売年月】2018年3月
【判型】A4変型判(190mm x 210mm)91ページ
《大田芳恵》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top