魚嫌いな子供に、瀬戸内の新鮮な魚を味わうイベント11/14

 タベルノクラスは2021年11月14日、「瀬戸内の味覚をハモハモっと味わう!4歳からの教えない料理教室タベルノクラスの社会科見学」を開催する。漁師へのインタビューや料理教室をオンラインで行う。参加者には新鮮な高級ハモが自宅に届く。参加費は1,000円。

生活・健康 未就学児
瀬戸内の味覚をハモハモっと味わう!4歳からの教えない料理教室タベルノクラスの社会科見学
  • 瀬戸内の味覚をハモハモっと味わう!4歳からの教えない料理教室タベルノクラスの社会科見学
  • 家庭に届く新鮮なハモ
 タベルノクラスは2021年11月14日、「瀬戸内の味覚をハモハモっと味わう!4歳からの教えない料理教室タベルノクラスの社会科見学」を開催する。漁師へのインタビューや料理教室をオンラインで行う。参加者には新鮮な高級ハモが自宅に届く。参加費は1,000円。

 「4歳からの教えない料理教室タベルノクラス」は、魚が苦手な子供と一緒に魚を好きになる方法を試していくオンラインイベント。瀬戸内の自然豊かな小豆島土庄町と四海漁協の協力のもと、高級魚「小豆島島鱧(ショウドシマシマハモ)」を素材に、五感を使って魚を味わう。

 イベントでは、新鮮な高級ハモ(2350円相当)が四海漁協から直接家庭に届く。魚が苦手な理由トップ3の「骨がある」「食べにくい」「生臭い」を払拭するために、オリジナルレシピ「ハモかまちゃん」を作る。かまぼこレシピをベースに、難しい工程を省き子供たちが楽しめるよう、シンプルなレシピになっている。子供が「ハモかまちゃん」作りに熱中している間に、大人は切り身を使って「ハモハモソテー」を作る。

 また、魚のことを好きになってもらうために、漁師に話を聞くプログラムも用意。「小豆島の海にはどんな魚が住んでいるの?」「毎日何匹の魚を獲るの?」「漁師さんの仕事は楽しいの?」等、質問ができる。さらに、小豆島の豊かな自然と遊びについても紹介していく。

 対象は4歳以上の子供と保護者。10月30日開催分はすでに受付を終了しており、現在受け付けているのは11月14日開催分。定員は10組。Peatixから申し込む。参加費は1,000円。詳細はWebサイトで確認できる。

◆瀬戸内の味覚をハモハモっと味わう!4歳からの教えない料理教室タベルノクラスの社会科見学
日時:2021年11月14日(日)16:00~17:30
対象:4歳以上の子供と保護者
定員:10組
参加費:1,000円
申込方法:Peatixから申し込む
《田中志実》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top