【中学受験】小4-5対象「公立中高一貫スタートテスト」11/20・21、栄光ゼミ

 栄光ゼミナールは2021年11月20日・21日、小学4年生と5年生を対象とした「公立中高一貫スタートテスト」を各教室で実施する。本番さながらの模試で「受検」の雰囲気を体験できる。受検料は無料。

教育・受験 小学生
公立中高一貫スタートテスト
  • 公立中高一貫スタートテスト
  • タイムテーブル例
 栄光ゼミナールは2021年11月20日・21日、小学4年生と5年生を対象とした「公立中高一貫スタートテスト」を各教室で実施する。本番さながらの模試で「受検」の雰囲気を体験できる。受検料は無料。

 「公立中高一貫スタートテスト」は、公立中高一貫校の選抜で課される「適性検査」を体験する模試。「適性検査」は、出題内容が特徴的で、制限時間に対して問題量が多いため、問題に慣れておくことが重要だという。

 たとえば、小4理科で習う水のすがたの知識を問う問題や、四則計算を応用して計算式を作成する問題等、小学校で習った基礎内容の定着度と応用力が試される。資料の情報から読み解く問題では、統計資料や身の回りにある事象にまつわる会話・写真や図から、情報の読み取りや課題の発見・解決の工夫等を見る問題もよく出題される。資料の情報を用いて計算処理を行う場合もあり、教科を横断して考える力が必要になることもある。

 公立中高一貫スタートテストは、栄光ゼミナールの教室で、受検本番同様に時間を計りながら厳正に行う。受検を目指す仲間たちが真剣に模試に取り組むようすや、現場の緊張感は、日常ではなかなか感じることができないため、周囲からの刺激を受ける機会として活用できる。

 テストでは、過去に出題された適性検査の問題を分析し、基礎学力と思考力・判断力・表現力を問う栄光オリジナルの問題を出題。テスト後は、面談にて成績報告書を返却。答案から子供の現状の学力を分析し、ひとりひとりに合った適性検査対策を提案する。また、子供がテストを受けている間、保護者へ説明会を開催。各学年で今知っておきたい受検に関する情報を公立中高一貫校対策の担当者が詳しく説明する。

 申込みはWebサイトから希望する地域を選択し、教室ごとの実施日時一覧ページから申し込む。受検料は無料。

◆公立中高一貫スタートテスト
日時:2021年11月20日(土)・21日(日)10:00~12:00、14:00~16:00
※教室によって異なる
場所:栄光ゼミナール各教室
対象:小学4年生、5年生、保護者
受検料:無料
申込方法:Webサイトから申し込む
《田中志実》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top