【高校受験2022】大分県立高、全日制入学定員280人増

 大分県教育委員会は2021年9月28日、令和4年度(2022年度)大分県立高校の入学定員を発表した。全日制は前年度(2021年度)と比べ280人増の7,080人を募集。定時制は440人(前年度と同数)、通信制は400人(前年度と同数)を募集する。

教育・受験 中学生
 大分県教育委員会は2021年9月28日、令和4年度(2022年度)大分県立高校の入学定員を発表した。全日制は前年度(2021年度)と比べ280人増の7,080人を募集。定時制は440人(前年度と同数)、通信制は400人(前年度と同数)を募集する。

 全日制で入学定員を増やす学校・学科は、中津北(普通)40人増、宇佐(普通)20人増、大分雄城台(普通)40人増、大分西(総合学科)40人増、大分鶴崎(普通)40人増、鶴崎工業(電気)40人増、臼杵(普通)25人増、佐伯豊南(福祉)5人増、佐伯豊南(総合学科)20人増、三重総合(生物環境)5人増、三重総合(メディア科学)5人増。

 各学校・学科の入学定員は、大分県教育委員会Webサイトにて確認できる。
《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top