東北大「脳体操アプリ」と交通事故低減の相関関係を検証

あいおいニッセイ同和損害保険は、「運転技能向上トレーニング・アプリ」による危機回避能力向上や事故削減効果を実証する研究を、11月から東北大学加齢医学研究所、仙台放送と協力して実施する。テレマティクス自動車保険で取得したビッグデータを活用する。

教育・受験 その他
3者による共同研究体制
  • 3者による共同研究体制
あいおいニッセイ同和損害保険は、「運転技能向上トレーニング・アプリ」による危機回避能力向上や事故削減効果を実証する研究を、11月から東北大学加齢医学研究所、仙台放送と協力して実施する。テレマティクス自動車保険で取得したビッグデータを活用する。あいおいニッセイ同和損害保険が10月22日に発表した。

共同研究では東北大学加齢医学研究所が開発した運転技能が向上するトレーニングを行う「脳体操アプリ」の利用効果と、地球71万周分のテレマティクス自動車保険で収集した膨大な走行データを活用する。危険な挙動の発生回数の減少効果や、事故抑止につながる危険回避能力向上効果、事故低減効果を多角的に実証する。

これによって「脳体操アプリの利用」と「各種事故低減効果」の関係の確立を目指す。研究を通じて顧客ごとにカスタマイズ可能な運転寿命の延伸効果を高める新たな商品・サービスの開発も検討する。

協力する東北大学加齢医学研究所は「健康運転寿命の延伸」を目指した研究を行っている。あいおいニッセイ同和損保は運転技能の維持・向上を促す脳体操アプリの提供で、誰もが安全・安心に生活できる地域づくりを目指す取り組みを進めてきた。

「脳体操アプリ」と交通事故低減の相関関係を検証へ

《レスポンス編集部@レスポンス》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top