マック、ハッピーセットでチャリティ活動11/21

 日本マクドナルドはハッピーセットの購入で病気と闘う子供とその家族の支援につながる「家族の日」として、2021年11月21日に「マックハッピーデー」を実施する。マックフライポテトLサイズ募金付きクーポンも用意し、支援の輪がさらに広がる。

生活・健康 その他
 日本マクドナルドはハッピーセットの購入で病気と闘う子供とその家族の支援につながる「家族の日」として、2021年11月21日に「マックハッピーデー」を実施する。マックフライポテトLサイズ募金付きクーポンも用意し、支援の輪がさらに広がる。

 日本マクドナルドは、重い病気と闘う子供とその家族のための滞在施設「ドナルド・マクドナルド・ハウス」支援を目的としたチャリティ活動「マックハッピーデー」を2021年11月21日に全国のマクドナルド店舗で実施する。

 「マックハッピーデー」は、全国のマクドナルド店舗でハッピーセットの購入1つにつき50円を、マクドナルドが「ドナルド・マクドナルド・ハウス(以下、DMH)」を運営するドナルド・マクドナルド・ハウス財団(以下、DMHC)に寄付するチャリティ活動。

 2017年より全国のマクドナルドで「マックハッピーデー」を実施し、2021年で5回目となる。2020年は、募金総額6,261万4,993円を寄付することができた。

 2021年は、マックフライポテトLサイズ200円(190円+10円募金)も募金付きクーポンをマクドナルド公式アプリで配信する。

 また、11月21日の「マックハッピーデー」と同日に、DMHC支援を目的とした「チャリティラン&ウォーク」(チャリティリレーラン実行委員会主催)が開催される。

 キャンペーン全体をDMHCのテーマカラーである「ブルー」で統一し、店舗・客・チャリティラン&ウォーク参加者の病気と闘う子供とその家族のための想いをつなげる活動にする。

 マクドナルドが社会貢献において一番大事にしていることは、未来を担うすべての子供たちが笑顔になること。その一環として「病気と闘う子供たちの笑顔」を支援している。

◆日本マクドナルド「マックハッピーデー」
目的:「ドナルド・マクドナルド・ハウス」支援
ハッピーセットの購入1つにつき50円寄付するチャリティ活動
日時:2021年11月21日(日)
場所:全国のマクドナルド店舗
《大田芳恵》

編集部おすすめの記事

特集

page top