【春休み2022】中高生向けITキャンプ、ライフイズテックが4都市で開催

 ライフイズテックは、2022年3月22日から4月5日の期間、中高生向けIT・プログラミングキャンプ「Life is Tech ! Spring Camp 2022」を、東京・横浜・大阪・名古屋で開催する。4日間の短期集中プログラム。

教育イベント 中学生
「スプリングキャンプ2022」
  • 「スプリングキャンプ2022」
  • 「スプリングキャンプ2022」
 ライフイズテックは、2022年3月22日から4月5日の期間、中高生向けIT・プログラミングキャンプ「Life is Tech ! Spring Camp 2022」を、東京・横浜・大阪・名古屋で開催する。4日間の短期集中プログラム。

 ライフイズテックのプログラムは、エンターテイメント要素を取り入れた独自カリキュラム。論理的思考やプログラミングの基礎力が身に付き、仲間とともに自分の作品を作り上げることで「好きを形にする力」や「未来の選択肢」を増やすことにつながり、自分の新たな可能性にも気づくことができる。

 2022年度からは高校でもプログラミング教育が必修化され、本格的にプログラミングを学ぶようになる。2022年3月22日から4月5日の期間、中高生向けIT・プログラミングキャンプ「Life is Tech ! Spring Camp 2022」を、東京・横浜・大阪・名古屋で開催する。

 ITキャンプは、4日間でプログラミングやゲーム制作・デジタルアートを学ぶ短期集中プログラム。2011年にスタートし、延べ5万2,000人が参加した。これまで参加者した中高生の99.4%が「楽しく学べた」と回答しているという。

 プログラミングをはじめ、プロの技術を学べる10コース以上の多彩なコースがある。プログラミング初心者や、パソコンやソフトにほとんど触れたことがなくても、誰もが参加できる。今回実施するコースは、iPhoneアプリプログラミングコース、Androidアプリプログラミングコース、Unityゲームプログラミングコース(2D・3D)、Minecraftプログラミングコース、映像制作コース、アニメーションコース、カメラ&フォトグラフィーコース等。

 申込みはWebサイトで受け付けている。締切りは3月1日だが、各会場・コースの定員に達し次第、受付終了となる。参加費は、6万5,890円(税込)から。会場、プランにより料金が異なる。具体的な金額はWebサイトで確認できる。1月31日までに申し込むと、1,500円引きになる早割を実施している。

◆「Life is Tech ! Spring Camp 2022」
開催期間:2022年3月22日(火)~4月5日(火)
プログラム日数:4日間
参加対象者:全国の中学生・高校生
参加費:6万5,890円(税込)~
※会場、プランにより料金が異なる。具体的な金額はWebサイトで確認できる。
申込期限:2022年3月1日(火)※各会場・コースの定員に達し次第、受付終了
申込方法:Webサイトから申し込む
会場(7会場開催)・日程:
<東京>
早稲田大学喜久井町キャンパス・4月1日(金)~4日(月)
ライフイズテック白金高輪本校・3月22日(火)~25日(金)、26日(土)~29日(火)、
4月1日(金)~4日(月)
KANDA SQUARE・3月27日(日)~30日(水)
OMOTESANDO MUSEUM・4月2日(土)~5日(火)
<神奈川>
AP横浜・3月28日(月)~31日(木)
<大阪>
関西大学梅田キャンパス・3月26日(土)~29日(火)、3月31日(木)~4月3日(日)
<愛知>
名城大学天白キャンパス・3月26日(土)~29日(火)
実施コース:
iPhoneアプリプログラミングコース、Androidアプリプログラミングコース、Unityゲームプログラミングコース(2D・3D)、Minecraftプログラミングコース、映像制作コース、アニメーションコース、カメラ&フォトグラフィーコース、メディアアート プログラミングコース、デザイナーコース(Photoshop/Illustrator)、Webデザインコース(HTML/CSS)、Webサービスプログラミングコース(Ruby)、デジタルミュージックコース
※キャンプ開催時期の感染状況、政府や各都道府県の方針等を踏まえ、適切に感染防止対策を実施。なお、行政等の要請によってはキャンプ直前に開催可否判断を行う可能性がある
※ 詳細は、Webサイトで確認できる
《大田芳恵》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top