東京都、私立高校の学費負担軽減を支援…申請は6/17から

 東京都は2022年5月25日、私立高等学校等の学費負担を軽減するための支援について発表した。授業料の一部を助成する「私立高等学校等授業料軽減助成金」と、授業料以外にかかる費用を助成する「私立高等学校等奨学給付金」の申請期間はいずれも6月17日~7月31日。

教育・受験 高校生
私立高等学校等に係る東京都の学費負担軽減制度
  • 私立高等学校等に係る東京都の学費負担軽減制度
  • 助成制度について

 東京都は2022年5月25日、私立高等学校等の学費負担を軽減するための支援について発表した。授業料の一部を助成する「私立高等学校等授業料軽減助成金」と、授業料以外にかかる費用を助成する「私立高等学校等奨学給付金」の申請期間はいずれも6月17日~7月31日。

 東京都が実施する支援のうち、「私立高等学校等授業料軽減助成金」は授業料負担を軽減するために助成されるもの。2022年度の区市町村民税課税標準額等が一定額以下(世帯年収が約910万円未満)の人には、国の就学支援金とあわせて、都内私立高校平均授業料相当を上限に助成する。また、基準にあてはまらない保護者のうち、23歳未満の子供を3人以上扶養している人には、生徒1人あたり年5万9,400円を助成する。

 一方、「私立高等学校等奨学給付金」は、授業料以外にかかる費用を助成する支援制度。生活保護世帯・住民税非課税または均等割のみの人・2022年1月以降に家計が急変し、収入が住民税非課税世帯相当になると予想される人を対象に、世帯の状況に応じて年5万2,100円から15万2,000円を助成する。

 いずれも詳細については6月上旬に各学校から通知される予定。申請は6月17日から開始される。なお、通信制課程に通学する生徒の保護者の「私立高等学校等授業料軽減助成金」申請時期は10月ごろ、家計が急変した世帯の「私立高等学校等奨学給付金」申請時期は8月ごろを予定している等、通常の申請期間と異なる場合があるので、詳細については各学校からの通知を確認すること。

 都の支援制度等の詳細は、東京都生活文化スポーツ局私学部や東京都私学財団のWebサイトから確認できる。


東京都高校受験案内 2023年度用
¥2,200
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《竹間たまみ》

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top