中高一貫校に関するニュースまとめ一覧

 中高一貫校は、中学校からほぼ無試験で連携の高校へ進学できるシステムをとる。中高一貫校の最大のメリットは、高校受験をしないため6年間のほとんどを受験勉強以外の活動で充実させることができる点だ。中高一貫校に関する情報や、各進学塾による説明会情報なども配信。

京都先端科学大、京都光楠学園と合併し中高大一貫へ 画像
教育業界ニュース

京都先端科学大、京都光楠学園と合併し中高大一貫へ

 永守学園と京都光楠学園は、永守学園の2020年3月28日開催の理事会および光楠学園の3月19日開催の理事会において、両学園の合併に向けた協議を開始することを決議し、4月1日に合併基本合意書を締結した。

【中学受験の塾選び】早稲田アカデミーの特徴と費用、塾活用ポイント(2020年度版) 画像
教育・受験

【中学受験の塾選び】早稲田アカデミーの特徴と費用、塾活用ポイント(2020年度版)

 中学受験に向けた塾選びの参考として、大手人気塾5塾の特徴や費用、カリキュラムなどを紹介する。中学受験で成功するための塾選びと活用のポイントは、プロ家庭教師集団・名門指導会に聞いた。今回は早稲田アカデミーについて見ていこう。

東京都内私立の転・編入試験(3学期末)海城など中学91校・高校122校 画像
教育・受験

東京都内私立の転・編入試験(3学期末)海城など中学91校・高校122校

 東京都は2020年2月17日、2019年度(令和元年度)第3学期末に実施する都内私立中学校と高校の転・編入試験について公表した。中学校は海城や青山学院中等部など91校、高校は國學院大學久我山や桐朋など122校(このうち全日制は112校)で転・編入試験を行う。

【中学受験2020】東京都立中高一貫校、90人が繰上げ合格 画像
教育・受験

【中学受験2020】東京都立中高一貫校、90人が繰上げ合格

 東京都教育委員会は2020年2月10日、都立中高一貫校の一般枠募集入学手続状況を発表した。都内に10校ある中高一貫校では計90人が入学辞退した。募集人員に満たない人数が繰上げ合格となる。

千葉県立の転・編入学…全日制高校122校、中学校1校で実施 画像
教育・受験

千葉県立の転・編入学…全日制高校122校、中学校1校で実施

 千葉県教育委員会は2020年2月7日、2019年度(令和元年度)末および2020年度(令和2年度)始め(学年末休業およびその前後)における県立高等学校と県立中学校の転・編入学試験の実施予定を公表した。全日制高校122校、中学校1校で転・編入学試験を実施する。

【中学受験2020】都内公立中高一貫校、繰上げ合格は2/10から 画像
教育・受験

【中学受験2020】都内公立中高一貫校、繰上げ合格は2/10から

 東京都立中高一貫校10校と千代田区立九段中等教育学校の合格発表が2020年2月9日に行われた。入学手続は2月10日正午まで。繰上げ合格は2月10日から2月末日をめどに決定する。2019年度入試では、都立中高一貫校10校で計82人が繰上げ合格している。

【中学受験2021】茨城県、開校する水戸第一など3校説明会 画像
教育・受験

【中学受験2021】茨城県、開校する水戸第一など3校説明会

 茨城県教育委員会は、2021年度に開校する3校の中高一貫校の説明会を2020年3月20日、22日、26日に行う。対象は、現在小学4、5年生の児童および保護者や学校関係者など。また、2022年度に開校する2校の中高一貫校についての説明会も行われる。

【中学受験2020】東京都公立中高一貫校の受検倍率…両国6.76倍、小石川5.10倍 画像
教育・受験

【中学受験2020】東京都公立中高一貫校の受検倍率…両国6.76倍、小石川5.10倍

 東京都教育委員会は2020年2月3日、2020年度(令和2年度)東京都立中等教育学校と東京都立中学校の一般枠募集の受検状況を発表した。10校の平均受検倍率は5.47倍。学校別では、両国6.76倍、小石川5.10倍など。

【中学受験2020】群馬県公立中高一貫校、入学者選抜結果…中央中等3.7倍など 画像
教育・受験

【中学受験2020】群馬県公立中高一貫校、入学者選抜結果…中央中等3.7倍など

 群馬県教育委員会は2020年2月3日、2020年度(令和2年度)群馬県公立中等教育学校入学者選抜結果を発表した。中央中等教育学校は募集定員120名のところ128人が合格し、実質倍率は3.7倍だった。

【中学受験2020】神奈川県公立中高一貫校の受検倍率、相模原6.88倍・サイフロ5.79倍 画像
教育・受験

【中学受験2020】神奈川県公立中高一貫校の受検倍率、相模原6.88倍・サイフロ5.79倍

 神奈川県教育委員会などは2020年2月3日、神奈川県内公立中高一貫校の2020年度(令和2年度)入学者募集における受検状況を公表した。受験倍率は、県立相模原6.88倍、県立平塚5.14倍、横浜サイエンスフロンティア5.79倍、南高附属4.93倍、市立川崎4.03倍。

【大学受験】Y-SAPIX「大学入試分析会2020」新中1ガイダンスも 画像
教育・受験

【大学受験】Y-SAPIX「大学入試分析会2020」新中1ガイダンスも

 代々木ゼミナール・Y-SAPIX共催の「大学入試分析会2020」を2020年3月29日と31日、SAPIX代々木ホールで開催する。対象は難関大を目指す小学生~高校生、保護者。また29日は「新中1生 難関大学現役合格のための学習ガイダンス」も行う。事前申込制で入場は無料。

【中学受験2020】千葉県立中、内定者一覧を2/1午後4時までWeb掲載 画像
教育・受験

【中学受験2020】千葉県立中、内定者一覧を2/1午後4時までWeb掲載

 千葉県教育委員会は2020年1月31日、2020年度千葉県県立中学校入学者決定検査の結果および今後の日程などについて公表した。千葉県立千葉中学校および東葛飾中学校の入学許可候補者(内定者)一覧については、2月1日午後4時まで各中学校のWebサイトにて掲載している。

【中学受験2020】群馬県公立中高一貫校の受検状況・倍率…中央中等4.0倍 画像
教育・受験

【中学受験2020】群馬県公立中高一貫校の受検状況・倍率…中央中等4.0倍

 群馬県教育委員会は2020年1月27日、2020年度(令和2年度)群馬県公立中等教育学校等入学者選抜受検状況を発表した。中央中等教育学校は募集定員120人のうち、475人が受検し、実質倍率は4.0倍だった。

【中学受験2020】都立中高一貫校の最終応募倍率(確定)両国7.09倍、小石川5.69倍 画像
教育・受験

【中学受験2020】都立中高一貫校の最終応募倍率(確定)両国7.09倍、小石川5.69倍

 東京都教育委員会は2020年1月20日、2020年度(令和2年度)の東京都立中等教育学校および東京都立中学校の最終応募状況を発表した。都立中高一貫校10校の平均出願倍率は、前年度より0.28ポイント減の5.74倍。学校別では、両国高等学校附属の7.09倍がもっとも高かった。

【中学受験2020】大阪府私立中学校出願状況(1/15時点)大阪星光3.93倍 画像
教育・受験

【中学受験2020】大阪府私立中学校出願状況(1/15時点)大阪星光3.93倍

 大阪私立中学校高等学校連合会は2020年1月16日、2020年度大阪私立中学校入試の外部応募状況を公表した。確定出願倍率は、大阪星光学院が3.93倍、高槻(B日程)が12.75倍、関西大学第一が1.97倍など。

【中学受験2020】神奈川県公立中高一貫校の志願倍率…相模原7.16倍、サイフロ6.06倍 画像
教育・受験

【中学受験2020】神奈川県公立中高一貫校の志願倍率…相模原7.16倍、サイフロ6.06倍

 神奈川県などは2020年1月16日までに県内公立中高一貫校の2020年度(令和2年度)入学者募集における志願状況を公表した。志願倍率は、県立相模原7.16倍、県立平塚5.31倍、横浜サイエンスフロンティア6.06倍、南高附属5.17倍、市立川崎4.10倍。各校とも2月3日に検査を行う。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 20
  9. 30
  10. 最後
Page 1 of 36
page top