「はやぶさ」2011年の科学分野10大成果に…米サイエンス発表

教育ICT その他

「はやぶさ」外観図
  • 「はやぶさ」外観図
  • はやぶさのサンプル採取用ボックスの模型
  • サイエンス8月26日号表紙
  • サイエンスのサイト
 アメリカの科学雑誌「サイエンス」は、23日発売の最新号で「2011年の科学分野における10大成果」発表した。

 その10大ニュースの第2位に、小惑星探査機「はやぶさ」の初期成果が選ばれた。「イトカワ」から持ち帰った微粒子を分析。太陽風による変色などが見つかり、地上から観測した小惑星の色と、予想される星の組成が矛盾する長年の謎が解けたことなどの成果が、優れた業績と認められた。「サイエンス」は、夏にも微粒子の写真を表紙に採用、6編の論文を掲載している。

科学分野の10大成果に「はやぶさ」……米科学雑誌「サイエンス」

《編集部@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)