ミサワ、先進の環境設備を搭載したスマートハウスを発売

生活・健康

「M-SMART MODEL」全体イメージ
  • 「M-SMART MODEL」全体イメージ
ミサワホームは、太陽光発電システムや蓄電池、ホーム・エネルギー・マネジメント・システム(HEMS)などの先進の環境設備を搭載したスマートハウス仕様『M-スマート・モデル』を、木質系、鉄骨系の戸建の工業化住宅全商品に設定し、1月7日から発売すると発表した。

今回、スマートハウス仕様として展開するM-スマート・モデルは、優れた基本性能をベースに、カスケードソーラーシステムや太陽光発電システムなどによる「創エネ」、容量2.5kWhリチウムイオン電池による「蓄エネ」、涼風制御システムと微気候デザインで空調機器に頼り過ぎない「省エネ」と、HEMSでこれらのエネルギー利用の最適化を図る「調エネ」を装備する。

また「将来対応」としてプラグインハイブリッドカーや電気自動車から住宅へのエネルギー供給(V2H)に対応する先行配管・配線、住宅設備・家電製品類を操作・制御するための通信ケーブルの設置などもトータルに提案している。

ミサワホーム、スマートハウスを発売…EVから住宅への電力供給も想定

《編集部@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)