教職員休職者の深刻化受け「メンタルヘルス対策検討会議」文科省が開催

生活・健康 健康

教職員のメンタルヘルス対策検討会議(第1回)の開催について
  • 教職員のメンタルヘルス対策検討会議(第1回)の開催について
「教職員のメンタルヘルス対策検討会議」を22日初開催―文科省、休職者数の深刻化を受け
 文部科学省は、教職員の深刻なメンタルヘルス不調を受け、「教職員のメンタルヘルス対策検討会議」を22日10時に初開催すると発表した。同時に、一般傍聴、取材の受付も開始。

 同省によると、公立学校の教職員における精神疾患を理由とした休職者数は、昨年度の時点で5,407人となっており、依然として5,000人を超える深刻な状況となっているという。これを受け、同省では教職員のメンタルヘルス対策を検討する会議を同省にて22日に開催する。議題は、会議の運営における座長の選任など、教職員のメンタルヘルスの現状ほか。

 一般傍聴、取材の申し込みには、メールによる事前登録が必要。件名「第1回教職員のメンタルヘルス対策検討会議傍聴希望」、本文に氏名、所属、メールアドレス(申し込みと異なるアドレスの場合)、撮影希望の有無を入力し、syoto@mext.go.jp宛に送信。〆切は、19日12時。
《クレメンティア・コモンズ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)