【高校受験】宮城県、公立高校の志願状況調査…全日制1.16倍

教育・受験 受験

平成24年度 宮城県公立高等学校入学志願状況(第2回志願者予備調査の概要)
  • 平成24年度 宮城県公立高等学校入学志願状況(第2回志願者予備調査の概要)
  • 平成24年度 宮城県公立高等学校入学者選抜【入学者志願状況(第2回予備調査)】全日制課程
 宮城県教育委員会は1月24日、「平成24年度宮城県公立高等学校入学者選抜における入学志願状況(第2回入学志願者予備調査)並びに推薦入試出願状況及び連携型入試出願状況(高校教育課)」について公開した。

 宮城県の公立高校では、推薦入試面接等が1月に、一般入試学力検査が3月に実施される。今回発表された志願状況は、1月13日から18日にかけ実施された第2回志願者予備調査の集計結果となる。

 それによると、平成24年度の中学卒業予定者数は22,175人。全日制課程の募集定員15,160人に対する志願者数は17,633人(昨年17,757人)、倍率は1.16倍(昨年1.15倍)となっている。

 全日制で倍率がもっとも高かったのは、仙台工建築科・土木科の2.20倍、次いで仙台三普通科の1.85倍、仙台商商業科の1.77倍、仙台一普通科の1.76倍、泉普通科の1.71倍の順となっている。

 推薦入試については、1月16日から23日まで出願受付が行われた。推薦枠の募集人数5,066人に対する出願者数は5,302人(前年5,361人)。学科別でみると、普通科が募集2,902人に対し出願者数3,550人、工業が656人に対し583人、商業が468人に対し448人などとなっている。
《前田 有香》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)