iPhone&iPad用アプリ「東大医学部生が書いた頭がよくなる勉強法」

教育ICT その他

東大医学部生が書いた頭がよくなる勉強法
  • 東大医学部生が書いた頭がよくなる勉強法
  • 東大医学部生が書いた頭がよくなる勉強法
  • 東大医学部生が書いた頭がよくなる勉強法
  • 東大医学部生が書いた頭がよくなる勉強法
 アドベンチャーは2月16日、iPhone&iPad用の電子書籍アプリ「東大医学部生が書いた頭がよくなる勉強法」のリリースについて発表した。

 同アプリは2007年に、こう書房より出版された石井大地氏著の同名の書籍を電子化したもの。著者の石井氏は1986年秋田県生まれで、開成高校を経て2005年に東京大学理科三類に現役合格。自らの体験をもとに受験戦略を体系したデビュー作「世界一わかりやすい東大受験完全攻略法」(2005年双葉社刊)で話題を呼んだ人物だ。

 「東大医学部生が書いた頭がよくなる勉強法」では、頭のよさとは“問題設定と問題解決の能力”であると定義。医学的に見れば頭のつくりはみんな同じなわけだから、肝心なのはそれをどう使うかだという。

 同書では、「本当に頭のいい人」が、どのように頭を使っているのかをモデリングする中である法則を見つけ、それを誰でも実践できる方法として紹介。この「思考のやり方」を身につけることで、実は誰でも「頭のいい人」になれるとしている。

◆東大医学部生が書いた頭がよくなる勉強法
価格:350円
条件:iPhone、iPod touch、およびiPad 互換iOS 3.0 以降が必要
[目次]
第1部「頭がいい」を科学する
 第1章「頭がいい」とは何なのか?
 第2章 頭のいい人はどう頭を使っているのか?
第2部「意識」改革を進める
 第3章「目的志向」で人生が輝く!
 第4章「現状認識」で自分に目覚めよ!
第3部「思考」メソッドを確立する
 第5章「思考の深さ」で論理力が劇的アップ!
 第6章「アイデアの広がり」で誰でもクリエイティブ!
 第7章「スピード」スターになれるこのやり方!
 第8章「投入時間」でベタに強くなる!
第4部「知識」を自分のモノにする
 第9章「知識量」がこれで倍増!
 第10章「理解度」を上げるこのテクニック!
東大医学部生が書いた頭がよくなる勉強法 - Ken Publishing Service Co.,Ltd.
《田崎 恭子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)