【中学受験】2012年「合不合判定予備テスト」受付開始

 四谷大塚では、4月15日に実施する小学校6年生対象の公開テスト「第1回 合不合判定予備テスト」の申し込み受付を開始した。受験料5,040円で、申込はホームページの専用フォームより受け付ける。

教育・受験 学校・塾・予備校
合不合判定予備テスト
  • 合不合判定予備テスト
  • 合不合判定予備テスト
 四谷大塚では、4月15日に実施する小学6年生対象の公開テスト「第1回 合不合判定予備テスト」の申し込み受付を開始した。

 四谷大塚の主催する「合不合判定テスト」は、中学入試に向け毎年秋から小学6年生を対象に行われる公開模擬テスト。出題される問題は、膨大なテスト問題のデータと入試問題の傾向分析により精選された四谷大塚のオリジナルとなり、一部の難関校については実際の学校別の試験配点に換算した傾斜配点により、より正確な合否判定が可能だという。

 首都圏の中学入試を志す6年生が一堂に会して行われる同テストでは、志望校の中での自分の位置を明確にとらえることで、第一志望校合格へのモチベーションを高めることができるという。なお2011年は予備テストを含む全6回のテストの受験者数は21,803名を数えたという。

 「合不合判定予備テスト」は、秋からの合不合判定テストに先がけて行われるもので、志望校への距離と学習課題を明確にするのが目的だという。2012年の予備テストは、第1回が4月15日(日)、第2回が7月8日(日)に実施予定で、午前または午後の時間帯を選択できるほか、翌月曜日に振替テストも実施される。

 テスト会場は、首都圏有名私立中学校や一部の四谷大塚校舎。首都圏以外では、四谷大塚の提携塾が会場となる。

 試験科目は、4教科(算数・国語・理科・社会)、3教科(算数・国語・理科)、2教科(算数・国語)から選択でき、受験料はいずれも各5,040円。申し込みはホームページの専用フォームより受け付けている。

 なお答案はテスト実施日の4日後夕方から、ホームページで閲覧が可能となるほか、後日、個人成績表・資料集と合わせて郵送される。
《田崎 恭子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)