富山に学習施設も備えた総合的な防災拠点施設がオープン

 富山県富山市に、国内トップレベルの訓練施設と学習施設を備えた総合的な防災拠点施設「富山県広域消防防災センター」が4月1日にオープンする。子どもが災害への理解を深めることができる。

生活・健康 その他
富山県広域消防防災センター
  • 富山県広域消防防災センター
  • 主訓練棟
  • 水難救助訓練施設(水深10mの潜水プール)
  • 体験型学習施設「四季防災館」
  • 地震体験
  • 風雨災害体験
  • 初期消火体験
  • 応急救護体験
 富山県富山市に、国内トップレベルの訓練施設と学習施設を備えた総合的な防災拠点施設「富山県広域消防防災センター」が4月1日にオープンする。建物は、大地震に耐えられる耐震構造で、自家発電設備、救援物資の備蓄倉庫などを備えており、災害時により県庁本庁舎の機能が失われた際には、県災害対策本部の役割も果たすという。

 センターには、自主防災組織や児童生徒などの防災学習の場として、体験型学習施設「四季防災館」を設置。四季ごとの災害を映像や展示で紹介、過去に大災害を引き起こした地震、風雨災害などを体験できる装置があり、さらに初期消火や応急救護等も可能。子どもらが災害への理解を深めることができる。

 富山県では、同センターを拠点として、消防職員や消防団員等の防災専門人材の育成、家庭・地域・学校と連携した幼いころからの防災教育の充実、県庁本庁舎の被災を想定した防災訓練の実施などに取り組み、日本一の安全・安心県を目指すとしている。
《田村麻里子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)