故マイケル・ジャクソン氏の遺志を継ぎ「子ども基金」4/5設立

生活・健康 その他

一般財団法人マイケル・ジャクソンの子ども基金
  • 一般財団法人マイケル・ジャクソンの子ども基金
  • 名誉会長挨拶
 2009年6月25日の衝撃の死から間もなく3年。「一般財団法人マイケル・ジャクソンの子ども基金(Michael Jackson’s Children Foundation:MJCF)」が4月5日に設立された。マイケル・ジャクソンさんの母で相続人の一人でもあるキャサリン・ジャクソンさんが名誉会長を務める。

 同基金では、「Love & Peace. ~愛と平和~」のメッセージをうたい続けた彼の有形・無形の遺産を運用し、賛同者の支援、協力による寄付活動をともなうイベントの企画運営、また支援先への窓口、物資救助活動など、子どもたちのために寄付活動を行うという。

 同日開設された「一般財団法人マイケル・ジャクソンの子ども基金」Webサイトでは、名誉会長であるキャサリンさんの挨拶も紹介されている。その中で、14歳のマイケルさんが「お母さん、いつか僕はこの子どもたち(テレビで見たアフリカの恵まれない子どもたち)に何かしてあげたいんだ」と語ったこと。「THIS IS IT」ワールド・ツアーを成功させひとりでも多くの世界の恵まれない子どもを助けたいと願っていたことなどが紹介されており、そのマイケルさんの最後の願いを叶えるために、同基金の設立を決心したと、締めくくっている。

 基金の目的には「故マイケル・ジャクソン氏の遺志を継ぎ、相続人のひとりである故人の母キャサリン・ジャクソン女史とともに、子どもたちの将来に明るい展望を見出し、健全な育成を支えるために必要な環境を、諸団体の協力とその機能を活用し構築することに寄与することを目的とする。(定款3条より)」と記されている。
《田村麻里子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)