アップル、驚くべき売り上げと利益を達成

デジタル生活 その他

大幅利益増の原動力となったiPhone 4S
  • 大幅利益増の原動力となったiPhone 4S
  • iPadも極めて好調な販売となった
 米アップルは24日(現地時間)、第2四半期(1~3月)の決算を発表した。前年同期比で2倍近い純利益をあげるなど、大幅増益となっている。

 売り上げは392億ドルで前年同期の59%増。純利益は116億ドルで前年同期の94%増となった。一株あたりの利益は前年同期が6.4ドルだったのに対して12.3ドルとなっている。この発表を受けて株価は時間外取引で7%近くも上昇した。

 アップルは昨年10月にiPhone 4S、今年に入って新型のiPadを発売しており、どちらも極めて好調なことから、事前の予測でも大幅な利益増になると見られていた。実際の決算はこうした予測さえも上回るものだった。

 この第2四半期にiPhoneは3510万台と驚異的な販売を記録。前年同期比で88%増となっている。iPadも1180万台と前年同期の150%増を記録した。iPhoneは中国での販売を開始したことが大きく影響しており、アジア地域での売り上げは前期比で32%増となった。

アップルが第2四半期の決算発表、驚くべき売り上げと利益を達成

《山田 正昭@RBB TODAY》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)