和田小が先行導入、子どもの眼を守るJINSの機能性メガネ

生活・健康 健康

JINS PC for kids
  • JINS PC for kids
  • JINS PC for kids
  • JINS PCレンズのスペック
  • JINS
 アイウエアの製造・販売を行うジェイアイエヌでは、パソコンモニターなどのデジタル機器が発するブルーライトから眼を保護する「JINS PC(ジンズ ピーシー)」に、新たに子ども向けモデルを開発し、5月28日より全国の「JINS」などにて販売を開始する。

 ブルーライトとは波長が380〜495nmの青色光のこと。可視光線の中でもっともエネルギーが強く、眼の奥の網膜まで達して炎症反応を引き起こすなど、網膜への影響が懸念されているという。また、網膜の神経節細胞がブルーライトを感知して、概日リズム(サーカディアンリズム)をリセットすることで体内時計の働きが乱れ、不眠傾向を引き起こす可能性も指摘されているという。

 自然界にも存在するブルーライトだが、特にパソコンやテレビ、ゲームなどのデジタルモニター・ディスプレイから多く発せられるため、これらを多用する際の人体への影響が懸念されている。とくに未発達な子どもの眼はより影響を受けやすいと考えられており、ゲームやパソコンなどの使用時間が増加傾向にある昨今、同社では「子ども眼を守る」ための度なしメガネとして「JINS PC for kids」を開発した。

 レンズには、イタリアの大手メーカーであるインターキャスト社が共同開発した高性能レンズ「NXT」を採用。ブルーライト領域の光を約50%カットして眼を保護し、独自の光マネージメントシステムにより、色をゆがめることなく、自然な見え方を維持できるという。

 フレームには、スイスの素材メーカーEMS社が開発した超軽量弾力素材「TR-90」を使用。医療用カテーテルなどにも使用されるTR-90は、弾力性と復元性に優れ、フィット感も高く、長時間掛けていてもストレスを感じにくいという。

 JINS PC for Kidsは、フレームカラー4色を展開し、価格は3,990円。5月28日全国のJINS店舗および JINSオンラインショップにて販売を開始予定。また、同日より全国のJINS店舗おいて、子ども用のフレームにプラス3,990円でブルーライトカット機能を備えた度付きレンズに交換できる「JINS PC カスタム」も展開するという。

 同製品は、子どもの未発達な眼をブルーライトから守る機能が認められ、アイウエアとして初めて日本PTA全国協議会の推薦商品に認定されたという。また、先進的なICT教育を実践している杉並区立和田小学校の賛同を得て、同校の5年生と6年生を対象に先行導入が決定したという。

 同社では、「子どもの眼の健康」に対する教育者や保護者のニーズの高まりを受け、今後も小学校をはじめ全国の教育機関へ啓発活動を行っていくとしている。

◆JINS PC for Kids (ジンズ ピーシー フォー キッズ)
価格:3,990円
発売日:5月28日
対象年齢:4〜10歳
フレーム素材:Airframe(素材:TR-90) ※モダン部分はソフトラバー
型・サイズ:1型・ワンサイズ
カラー:4色(ブラウン、ブルー、グリーン、レッド)
レンズ:NXTブルーライトカットレンズ(度なしのみ)
 ※レンズカラーは薄いブラウン
可視光透過率:80%
紫外線透過率:0.01%以下(400nm)

◆JINS PC カスタム
価格:フレーム料金+3,990円
発売日:5月28日
納期:注文の約2週間後
 ※パッケージ商品の「JINS PC for kids」は、度付レンズへのレンズ交換はできない
《田崎 恭子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)